2021年1月13日 更新

「やばい!風邪かも…?」と思ったらすぐできる!風邪を長引かせずに早めに治すための対処法

ますます新型コロナウィルスが猛威を振るい、収束が見通せなくなっている中、そんな時に喉が痛くなると、「もしかして…?」と心配になりますよね。今回は、風邪を長引かせずに早めに治すための対処法をご紹介します。

ますます新型コロナウィルスが猛威を振るい、収束が見通せなくなっています。そんな時に喉が痛くなると、「もしかして…?風邪ならまだいいのだけど…。」と心配になりますよね。

特に冬は空気が乾燥しています。また、疲れていたり、生活リズムや食生活が乱れたりすると風邪を引きやすくなります。今回は風邪を長引かせずに、早めに治すための対処法をご紹介します。

「風邪」という病気はない

gettyimages (252856)

喉の痛みや鼻水、咳、場合によっては発熱などの症状が出て、病院に行くと「風邪でしょう」と診断された経験は誰でもあるかと思います。

でも、実は「風邪」は通称で、正式な病名ではないそうです。

ウィルスや細菌が原因となって、鼻、のど、気管などに症状が起こっているものを総称して「風邪」と呼んでいるとのこと。このウィルスの数は数百種類以上もあり、鼻水が出るような症状を引き起こすウィルスだけでも100種類以上あるといわれています。

風邪の症状が起こるしくみ

gettyimages (252876)

ウイルスが体内に入ってしまっても、身体の免疫力が高く、ウイルスが増えるのを防ぐことができれば風邪はひきません。

ウイルスはまず鼻や口内、喉などに付着します。このときにウイルスが増えて喉や鼻の粘膜が傷つくと、喉の痛みや鼻水が生じます。ウイルスが気道まで広がると咳や痰が出るようになります。さらにウイルスが増えると身体は熱を出します。ウイルスは熱に弱いので、身体の熱を上げて退治しようとするのが発熱のしくみです。

では、どうしたらウイルスを体に入れないように、つまり風邪を引かないようにすることができるのでしょうか?

日頃からできる風邪の予防対策

①風邪に負けない栄養素を摂ろう

gettyimages (252936)

一般的に良く知られるように、体調を崩さないようにするには、しっかりと栄養を取って、体を休めることが大切です。とはいえ、具体的にはどんな栄養素を摂ったら良いのでしょうか?

積極的に摂りたい栄養素は「タンパク質」「ビタミンA」「ビタミンC」とのこと。

免疫力を保って回復させる「タンパク質」
⇒豆腐・肉・魚・卵など

ウィルスの侵入を防ぐ「ビタミンA」
⇒ほうれん草・人参・かぼちゃなど

抵抗力を高めてウィルスと退治する「ビタミンC」
⇒みかん・いちご・ブロッコリーなど

どれも身近な食べ物ばかりですね。「風邪なんか引くものか!コロナに負けないぞ!」と、子供と一緒に声がけしながら食べるのも、楽しく取り組めて、さらに食育にも繋がって一石二鳥になりそうです。

※参照:e-ヘルスネット(厚生労働省)

②とにかく寝る

gettyimages (252874)

ちょっと調子が悪いなー…と思ったら、とにかく体を休めることが大切です。時間に追われるママにはなかなか難しいかもしれませんが、ママが倒れたら、それこそ家庭が回りません。

「今日は寝る!」と決めて、家族に宣言して寝ましょう。無理して頑張るよりも、意外と家族みんなが協力してくれるものです。お試しあれ!
24 件

このまとめのキュレーター

ざしきわらし ざしきわらし

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧