2019年10月28日 更新

“陣痛を強める”ためにやってよかったランキングBEST10

陣痛を強めてお産時間を短くすることは赤ちゃんへのストレスを減らし、ママの疲労も軽くなるなどいいことずくめ!“陣痛を強める”ためにやってよかったランキングBEST10大発表!

579,431 view お気に入り追加 3
陣痛が強くなってくると、これ以上強くなるのは嫌!と思ってしまうのは当然ですよね。

そんな時は「陣痛を強める」ことで痛みから早く解放されます。お産に時間がかかりすぎると、子宮が疲れて収縮できなくなることがあり、そうなると赤ちゃんが苦しんで帝王切開になったり、経膣分娩はできても、胎盤が出たあと出血が多くなります。

陣痛を強めてお産時間を短くすることは、赤ちゃんへのストレスを減らし、ママの疲労も軽くなるなどいいことずくめです。いろいろチャレンジして陣痛を強め、15時間以内の出産を目指しましょう。
▼こちらの記事もおすすめ

第1位 歩く

gettyimages (78766)

家にいて陣痛が始まり、陣痛が強まらずに外を歩き時は、誰かに付き添ってもらいましょう。産院についてからは、院内を歩いてみるのも良いですね。

ただし、破水をしたらNG!歩くと羊水が減ってしまい赤ちゃんにストレスがかかってしまいます。

第2位 食事をとって体力をつける

thinkstock (78657)

子宮は「筋肉」、エネルギーがないと収縮できません。食事をとるのは基本でとっても大事です。

おすすめはすぐにエネルギーとなる「おにぎり」ですが、痛くて米粒を飲み込めなくなる人も多いので、栄養補給ゼリー飲料やジュースでも良いでしょう。とにかく何か口にしましょう。

第3位 水分補給をする

gettyimages (78658)

出産はよくマラソンや登山に例えられます。マラソンや登山でも進むためには水分補給がとても大事。

食事や水分をとっていないと、陣痛が弱くなっていってしまいます。吐く呼吸を意識してやっているとさらにのどが渇くので飲み物は多めに持って行って。

第4位 陣痛の合間はリラックスする

gettyimages (78765)

無駄に力が入ると体力が消耗。陣痛の間隔も長くなり、お産が進まなくなってしまいます。だから陣痛の合間はとにかくリラックス。体の力を抜いてボーっとしてみましょう。
41 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧