2019年8月28日 更新

赤ちゃんへの影響は?妊娠中に気をつけたい感染症【風疹編】

妊娠中にママが病気に感染した場合の赤ちゃんへの影響とは?ママが【風疹(ふうしん)】に感染した場合についてご紹介します。

thinkstock (156734)

妊娠中にママが病気に感染した場合、赤ちゃんへの影響が心配です。場合によっては、赤ちゃんにも感染して重症化してしまうこともあるので、感染症によっては十分な注意が必要です。今回は、ママが【風疹】に感染した場合についてご紹介します。

原因

gettyimages (156745)

風疹ウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、流行は春先から初夏にかけて多くみられます。「三日ばしか」ともいわれ、風疹ウイルスに感染することで発症します。

感染したら

thinkstock (156744)

軽い発熱やからだ全体に赤い発疹が出ますが、症状があまりない人もいます。3日程で自然に治ります。妊娠初期の血液検査で、ママの抗体の有無を確認することができます。抗体がない人や低い人は人混みを避け、手洗いうがいをして予防しましょう。

赤ちゃんへの影響

thinkstock (156746)

妊娠12週までに感染すると、赤ちゃんへ感染する確率が高く、白内障や難聴、心臓の障害など「先天性風疹症候群」という障害をもって生まれてくることがあります。

まとめ

thinkstock (156735)

妊娠中は薬の服用に制限があり、つらい症状に悩まされたり治療そのものが難しくなったりすることがあります。定期的に妊婦健診や血液検査をきちんと受けるようにし、早期発見、早期治療につとめることが何より大切です。
16 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧