2019年8月28日 更新

赤ちゃんへの影響は?妊娠中に気をつけたい感染症【りんご病編】

妊娠中にママが病気に感染した場合の赤ちゃんへの影響とは?ママが【りんご病】に感染した場合についてご紹介します。

thinkstock (156755)

妊娠中にママが病気に感染した場合、赤ちゃんへの影響が心配です。場合によっては、赤ちゃんにも感染して重症化してしまうこともあるので、感染症によっては十分な注意が必要です。今回は、ママが【りんご病】に感染した場合についてご紹介します。

原因

istockphoto (156775)

頬がりんごのように赤くなることから「りんご病」と呼ばれていますが、正式には「伝染性紅斑(こうはん)」といい、パルボウイルスが原因で発症します。

感染したら

gettyimages (156779)

頬がりんごのように赤くなるほか、手足に紅斑ができ、発熱や関節痛なども起こります。とくに治療薬はなく自然によくなるのを待ちます。飛沫感染するため、外出時はマスクの着用が必須です。

赤ちゃんへの影響

thinkstock (156764)

「胎児貧血」や「胎児水腫」と呼ばれる深刻なトラブルを引き起こす恐れがあります。おなかの赤ちゃんが胎児水腫になると、自然に治る場合もありますが、最悪の場合には流産や死産を招くこともあります。

まとめ

thinkstock (156754)

妊娠中は薬の服用に制限があり、つらい症状に悩まされたり治療そのものが難しくなったりすることがあります。定期的に妊婦健診や血液検査をきちんと受けるようにし、早期発見、早期治療につとめることが何より大切です。
16 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧