2020年1月9日 更新

家庭で簡単にできる!風邪やインフルエンザ等の感染症予防にオススメの生活習慣

寒くなってなると心配になる風邪やインフルエンザ等の感染症。ご家庭で簡単にできるオススメの予防策をご紹介します!

gettyimages (212654)

寒さも本格化し、風邪やインフルエンザやノロウイルス等が流行る時期になってきました。乳児や幼児が感染してしまうと重症化してしまうこともあって不安ですよね。

手洗いうがいはもちろんしているけど、それでも不安…。そんな時に家族みんなでできる、風邪や感染症にならない対策方法をご紹介します。

帰宅したらまずお風呂へ!

gettyimages (212657)

小さい子どもがいたりすると、帰宅してすぐお風呂って大変…と思うかもしれませんが、意外とこれが良いんです!帰宅してリビングに行く前にそのままお風呂に入ることで、外で付着した菌も全て洗い流して綺麗な状態で家の中に入ることができて、一番おすすめの方法です。

帰宅後お風呂にスムーズに入るには、お風呂をタイマーで沸かしておくのがおすすめです。タイマーがなければ、とりあえずシャワーを軽く浴びるだけでもだいぶ汚れが取れるので安心です。お風呂やシャワーができない方は服を全部着替えるだけでも効果はありますよ。
“帰宅後すぐお風呂”のメリット
帰宅してすぐお風呂入るのは少し手間ですが、先にお風呂に入っておくことで、夕食後すぐに寝てしまったり、お風呂入れたかったのになかなか入ってくれない!ということもなくなりますよ。先に入ってしまえばそんなモヤモヤもなくなってストレスも減るのでオススメです。
なるべくパパにも協力を依頼!
満員電車や職場でいろいろな人に接して帰ってくるパパに、帰宅してすぐお風呂に入ってもらうのも感染症予防に効果的です。お風呂に入ってからゆっくり夜ご飯を食べてもらうようにするだけで、パパと家族団欒する時間も増えるので効率的です!

こまめに水分を摂取する

gettyimages (212664)

水分をこまめに摂取することも大事です!菌が体に入り込んで最初につく場所が喉なんだそう。こまめに水分を摂取することで、喉についた菌を流してくれる効果も期待できます。

また、うがい・手洗いができない赤ちゃんはどう予防したら良いんだろう?と心配になりますよね。

まだ母乳しか飲んでいない赤ちゃんは、こまめに母乳を飲ませるだけでも効果的です。お茶やお水が飲める赤ちゃんはお水やお茶をこまめに飲ませましょう。帰宅してすぐ、母乳を飲ませるのが一番良いそうです。一口でも良いので飲むだけで、菌が喉に留まる時間が短くすることができます。

乾燥はNG!部屋の湿度には意識を

gettyimages (212773)

ウイルスは乾燥している時こそ広がります。冬のお部屋は乾燥しがちなので加湿を心がけましょう!加湿器を使うのが一番良いですが、子供が倒したりイタズラしたりしそうで心配な方は、バスタオル等の大きめのタオルを室内干しして加湿するのがおすすめです。タオルで加湿もできて室内干しでしっかりタオルも乾くので一石二鳥です。

除菌アイテムを活用する

手洗いうがいをしっかり行っていて、流行期はとっても心配ですよね。そんな時には、持ち歩き型や置き型などもある除菌アイテムを活用するのもおすすめです!
22 件

このまとめのキュレーター

みみはる みみはる

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧