2019年12月25日 更新

冬を元気に乗り切るコツを医師が解説!おうち対策家電&グッズ5選

風邪とインフルエンザの流行シーズンには、家庭でしっかりと正しい対策を効率的に行いたいもの。医師による予防策アドバイスと共に、筆者が独自に選んだお役立ち家電やグッズをご紹介します。

家庭での予防対策が必至の、風邪とインフルエンザの流行シーズン。感染を予防するためには、正しい対策を効率的に行いたいものです。そこで今回は、医師による予防策アドバイスと共に、筆者が独自に選んだ、お役立ち家電やグッズをご紹介します。

医師が教える赤ちゃん・幼児と過ごす冬の注意点

gettyimages (211276)

2019年11月26日(火)に開催されたパナソニック株式会社主催の「子育てお役立ち家電セミナー」に登壇していた、医療法人社団コスモ 千駄ヶ谷インターナショナル クリニックの院長 篠塚規先生は、赤ちゃん・幼児と過ごす冬に気を付けたいポイントを次のように話します。
☑バランスのとれたスープや鍋で免疫力アップ
「以前からも言われておりますが、総合的にバランスの取れた食事をとるようにしましょう。また、最近の研究から小腸の免疫力を高めることが重要だということがわかっているため、食物繊維や発酵食品をとり、免疫力を高めてウイルスや細菌との接触を減らすことがポイントです」
とくに篠塚先生が勧めていたのが、野菜や肉、魚をたっぷり入れたスープや鍋。栄養バランスがいいそうですよ。
☑睡眠環境をきちんと整えて睡眠を十分とる
「睡眠時間を十分に取ることが免疫力アップにつながります。大人は7時間以上、赤ちゃんだと3倍以上は必要です。赤ちゃんが過ごす部屋は刺激を与えないことが重要です。強い光やテレビ等の大きな音などは避けてください。寝る部屋と日中過ごす部屋は別の方がベターです。
冬場の室内温度は20~22℃に。適度な湿度も必要で、乾燥していると粘膜も乾燥し、ウィルスや細菌に接触しやすくなります。また家の中は1~2時間に一度は換気が必要です」
☑手洗い・うがいをしっかり。小さい子はお茶を飲むだけでもOK!
「帰宅してからは手洗いとうがいを。小さいお子さんで、うがいがむずかしい場合は水、もしくはお茶をのむだけでも良いです。のどの菌が流れ、胃酸で殺菌してくれます。手洗いは指の間もブラシで洗うとベターです」

冬を乗り切る!おうちで役立つ家電&グッズ5選

篠塚先生のお話をもとに、いま注目を集める冬のお役立ち家電やグッズを集めてみました。


1. 電気圧力なべ SR-MP300/パナソニック

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は、スープ作りにも役立ちそうな電気圧力鍋。普通の鍋は100℃で沸騰しますが、蒸気を閉じ込めて加熱するので沸点が100℃以上に上昇するのが特徴です。ビタミンがさらに残り、調理時間も短時間で済むので電気代もエコに。離乳食作りも楽々。耐熱容器をそのまま入れておくだけでOKです。
38 件

このまとめのキュレーター

あずさママ あずさママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧