2019年6月16日 更新

食材のおいしさを損なわない!上手なフリージングのコツ教えます

一度冷凍した食材のおいしさを損なわないためには「冷凍と解凍の基本」を知っておくことが大切です。上手なフリージングのコツをご紹介します。

gettyimages (186695)

一度冷凍した食材のおいしさを損なわないためには「冷凍と解凍の基本」を知っておくことが大切です。上手なフリージングのコツを、気をつけたいポイントとともにご紹介します。

新鮮なうちに冷凍する

gettyimages (186701)

肉や魚などは使いきれなかったときに鮮度が落ちたものを冷凍するのではなく、鮮度がよいうちに冷凍するのがおいしさをキープするコツです。新鮮なものを新鮮なうちに冷凍することで、栄養も味も損ないません。

水気を切って空気を抜いて冷凍する

gettyimages (186705)

水分が残っている状態で冷凍すると、霜がつきやすく冷凍焼けの原因になります。また、空気に触れると酸化が進みやすくなってしまいます。水気はしっかりと切って、空気に触れないように密封しましょう。

ラップ+冷凍用保存袋で冷凍する

gettyimages (186711)

冷凍するときはラップに包むだけにしている場合が多くありますが、ラップで包んだだけだと、隙間から空気が入ったり、庫内で剥がれてしまうことがあります。ラップで包んだら、さらに冷凍用保存袋にも入れるようにしましょう。こうすることで、におい移りの予防にもなります。

日付・内容を書く

gettyimages (186714)

いつ冷凍したのかわからなくなってしまったり、中身の見分けがつかなきなってしまうこともあります。冷凍するときには日付と内容を書いておきましょう。

23 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧