2021年11月17日 更新

鍋の季節到来!味噌󠄀屋が教える「おうちで楽しめる発酵鍋」レシピ4選

寒さが身に染みるこの季節の定番料理と言えば「鍋料理」。今回はおうちで楽しめる味噌󠄀、塩麴、甘酒をつかったオリジナル発酵鍋レシピを紹介します!

寒さが身に染みるこの季節、おうちでぬくぬくしながら美味しいごはんで暖まりたいと考える 方も多いのではないでしょうか?そんなこの季節の定番料理と言えば「鍋料理」。今回はおうちで楽しめる味噌󠄀を使った「発酵鍋」についてご紹介します。
 (287982)

新たな鍋料理の定番「発酵鍋」とは?

近年の健康志向の高まりから、発酵食品が一つのトレンドとなっています。発酵食品は代謝を促すことで美容や美肌の効果に加え、腸内環境を整えることでの免疫力アップの効果も期待できるといわれ、20代から60代の働く女性を対象にした調査においても半数を超える方が、コロナ禍になって免疫力を高めるために発酵食品を食べることを意識している、ということがわかっています。
ソフトブレーン・フィールド 「新型コロナウイルス感染症対策」に関するアンケート調査(2020年4月23日) (287984)

そんな発酵食品を用いた冬の定番料理として、近年注目を集めているのが「発酵鍋」。味噌󠄀や甘酒といった日本の伝統である発酵食品を具材やつけダレとして使用した鍋のことで、発酵食品が持つ味わい深い甘味や旨味は鍋のアクセントとしてピッタリ。今回は、味噌󠄀や甘酒を使ったこの冬おうちでマネできる「発酵鍋」をご紹介します。

日本古来の発酵食品である味噌󠄀を使って発酵鍋を楽しむ

大豆、米、塩と自然の恵みを余すことなく用いた日本の伝統食材である味噌󠄀は、日本食には
欠かせない発酵食品のひとつです。味噌󠄀は発酵によってアミノ酸やビタミンなどが多量に生成され栄養的にさらにすぐれたものになります。

その他にも味噌󠄀には、炭水化物、脂質、灰分、ビタミン、カリウム、マグネシウム、繊維質など、たくさんの栄養素が含まれています。和・洋・中と様々なお料理に使われることからも他の調味料や食材との相性もよく、具沢山で楽しむ発酵鍋のお供に欠かせない存在といえるでしょう。

寒い冬につくりたい!おうちで作れるおすすめ発酵鍋レシピ

甘酒味噌󠄀しゃぶしゃぶの発酵鍋

 (288016)

甘酒ベースのスープに、味噌󠄀と甘酒を使用したごまだれをつけていただく発酵鍋です。甘酒を入れたスープで茹でることで、お肉も野菜も柔らかく香り立ち、ふわりとしたコクを楽しめます。


【材料】(2人分)
豚肉(しゃぶしゃぶ用) 150g
レタス 1/2個
長ねぎ 1本
小松菜 1/2束
えのき 1/2袋
舞茸 1パック
小ねぎ 20本
かつお節 20g
【A】
「朝のむ あまざけ」 600ml
水 200ml
昆布(15㎝程度) 1枚
【B】
オーガニック味噌󠄀「こだわってます」 大さじ2
すりごま 50g
「有機のあまざけ」 50ml
酢 大さじ2

【作り方】※調理時間:30分以上
① 鍋に【A】の材料を入れて30分置く。
② レタスは大きめにちぎる。長ねぎは斜め薄切りにする。小松菜は根を切り落とし、半分に切る。えのきと舞茸は石づきを取り除き、適当な大きさに手でちぎる。小ねぎは小口切りにする。
③ 【B】の材料を混ぜ合わせて味噌󠄀ごまダレを作り、器に注ぐ。
④ ①を加熱し、沸騰直前で昆布を取り出す。野菜や豚肉を加えて、火の通ったものから味噌󠄀ごまダレにつけて食べる。お好みで、小ねぎや鰹節をたっぷりとのせて食べる。

塩こうじ豚と白菜の花椒発酵鍋

 (288021)

さわやかな香りと舌がしびれるような刺激的な辛みを楽しめる花椒を使った鍋。シンプルな具材ながら、塩こうじでうま味と柔らかさを増した豚肉と、花椒のしびれる辛さがクセになります。〆は中華麺がおすすめです。


【材料】(2人分)
豚バラ薄切り肉 300g
鶏ガラスープ 800ml
白菜 1/4個
花椒 大さじ1
にんにく 1片
紹興酒(無ければ清酒でも可)
鷹の爪 1本 (大さじ1)
『生塩こうじ 麹の花』 大さじ2
塩 少々

【作り方】※調理時間:30分以上
① 豚肉と白菜は5㎝幅に切る。切った豚肉と『生塩こうじ 麹の花』をポリ袋に入れ、30分以上漬ける。
② 鶏ガラスープを鍋に入れて沸かし、潰したにんにく、鷹の爪、花椒、紹興酒を入れる。
③ ②に①を入れ、火が通ったら塩で味を調えて出来上がり。
33 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧