2019年8月22日 更新

ほっこり優しい気持ちになれる♡竹下文子さん・鈴木まもるさんの「のりもの絵本」

【図書館司書資格を持つママがオススメ絵本をご紹介!】はたらく車や電車、乗り物に夢中なお子さんにおすすめしたい竹下文子さん作・鈴木まもるさん絵による乗り物の絵本。お二人が手掛ける絵本は優しい気持ちになれるうえ、読めば読むほど、驚きや発見がありますよ。

うちの長男は0歳の頃から電車や車が大好きな子だったので、今までたくさんの電車や乗り物の絵本を読んできました。
その中でも、旦那さんを含め家族みんなが大好きになったのが、『せんろはつづく』や『ピン・ポン・バス』などの竹下文子さん作・鈴木まもるさん絵による、乗り物が登場する絵本です。

乗り物に関わる人々をあたたかいまなざしで描くこれらの絵本の魅力と、鈴木さんの絵に隠された「あそび」をご紹介します。

せんろはつづく

せんろはつづく

1,296
「これなーんだ?」
「せんろだよ」

せんろとせんろをつないでみよう。
トンネルつくって、ふみきりつくって…
せんろはどこまでつづくかな?
プラレール大好きだった長男がとても大好きな絵本です。
電車好きではない、次男、三男も好きで、よく読んでほしいとリクエストされます。
1歳後半くらいから楽しんでいたのではないかと思います。

自分達と年がそんなにちがわないような子供たちがどんどん線路を組み立てていく様子にわくわくするのはもちろん、問題が起こっても、すぐ切り替えてサッと解決案を実行してしまうのに、「すごいねー!」と子どもながらに感心したようでした。

繰り返しがつづくリズミカルな文章ながら、意外性のある展開なので、ページをめくるのが待ち遠しい感じの絵本です。

保育士の友人も、保育園で人気があると教えてくれた一冊です。

続編の『せんろはつづく まだつづく』、『せんろはつづく どこまでつづく』もありますが、どんどんスケールが大きくなっていきます。
新幹線やブルートレインなど色んな電車が登場するので、長男は『せんろはつづく どこまでつづく』はかなり楽しいようでした。
 (77830)

せんろをつくるこどもたちのまわりにいる可愛い動物たちの動きにも注目してみて下さい。

線路がどうなっていくのか、動物たちも興味津々♡

ピン・ポン・バス

ピン・ポン・バス

1,080
ブルンブルルン。バスがはっしゃしました。
「おりるかたはボタンをおしておしらせください。」“ピンポン”となるたびにバスはとまります。
がっこうのまえ、びょういんのまえ、おてらのまえ、大きな木の下…いろんな人がのって、いろんな人がおりていきます。
バスに乗った時、「ピンポン♪」と鳴る「降車ボタン」を押したがるお子さんっていませんか?
うちの家は三人とも降車ボタンを押したがる子だったので、バスに乗る時は気がぬけませんでした。

その心地よい「ピンポン♪」という音が何度も登場する『ピン・ポン・バス』。様々なバス停に停車し、たくさんの人が乗り降りします。
バスの車内ではジュースの缶が散らばってしまったり、お客さんが忘れ物をしたり様々なことが起こるのですが、乗客や運転手さんの優しさでフォローされていきます。
読んでいると、なんだか心があったかくなる一冊です。

小学1年生の国語の教科書の「読んでみよう」という本の紹介コーナーで紹介されていたので、一度一年生の教室で読み聞かせをしたこともありますが、やっぱり乗り物好きなお子さんは喜んでくれたかな、と思います。

三歳くらいからおすすめです。たくさんの車が登場するので、乗り物好きなお子さんなら1歳、2歳でも楽しめる絵本かもしれません。
 (78138)

バスの揺れで、散らばってしまったジュースの缶をみんなで拾ってあげるシーン。
この後、拾ってもらったおじさんは助けてくれた子ども達にジュースをあげているんですよ。

はしれ!たくはいびん

はしれ!たくはいびん

1,080
おじいちゃんのりんごばたけでりんごがたくさんとれました。
「まごたちにおくりましょう」おばあちゃんがはこにつめました。
たくはいびんのくるまにのって、りんごのたびがはじまります。
ほかのにもつといっしょになって、おおきなトラックにのりかえて、えいぎょうしょからしわけセンターへ。
そして、とおくのまちへ。
りんごはぶじにとどくかな?はしれ!たくはいびん。
小さな頃から宅配業者さんが身近な存在のためか、うちの子ども達は宅配業者さんのトラックを見かけると喜んでいましたし、この絵本もお気に入りでした。
まるで、宅配業者の仕分けセンターに社会見学きているようなシーンもありますし、遠くのおじいちゃんおばあちゃんの家から、どのように自分たちの家へ荷物が届けられるのかがわかりやすくお話になっているので、親も「なるほどね~」と思います。

ぜひ、親子でりんごの箱が絵の中のどこに描かれているのか探しっこしてみて下さい。
(仕分けセンターのシーンはなかなか難しいですよ。)
 (78236)

このシーンには『ピン・ポン・バス』で登場した黄色いバスが描かれています。

本屋さんのショーウインドーには、新刊絵本の『はしれ!たくはいびん』が…?

でんしゃが きた

でんしゃが きた (日本の絵本)

1,080
田んぼのむこうや鉄橋の上、うみべの町を、いろんな電車が走ります。
電車のある風景を豊かな色彩で描いた、楽しいのりもの絵本。
22 件

このまとめのキュレーター

むっく むっく

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧