2019年5月14日 更新

スキンシップってそんなに大事なこと?子どもの心と体の成長に大きく影響する!

日常でさりげなくしている抱っこや手をつなぐといったスキンシップ。このスキンシップは、子どもと私たちママたちへとても素敵な影響をあたえてくれます。どんな影響があるのかを知って、明日から新しい気持ちで子どもと触れ合ってみませんか?

スキンシップはなぜ大切なの?

 (191475)

「親子のスキンシップはとても大切なこと」

この言葉はなんとなく知っている、というママは多いですよね。ではなぜ大切なのか?もう少し具体的に知ることができれば、触れ合う時の気持ちや感情も変わってくると思います。

かわいいわが子とのスキンシップ。みなさんも日々の生活の中で自然としているのではないでしょうか。小さくてかわいい姿を見ると、ついほっぺたをプニプニいじってみたり、ぎゅーっと抱きしめたりキスをしたりすると思います。また、むちむちのかわいい足を触ってみたり、手をつないだり…。

筆者もおむつ替えの時などに、むちむちの足とちっちゃなかわいいおしりを見ながらなでてみてはとても癒されて幸せな気持ちになります。これらは立派なスキンシップですよね。

幼い頃の親子のスキンシップには以下のような効果があると言われています。
・「オキシトシン」というホルモンによって情緒が安定する
・成長ホルモンの分泌を活発にする
・お互いの肌が触れ合うことで安心感が生まれる
・親子の絆が深まる
・リラックスすることができる
「露出した脳」とも呼ばれる人の肌。肌から得た刺激は単純な経路でとてもはやく脳へと届き、感じた安らぎや感覚をいち早くインプットすると言われています。

それは子どもだけではなく、大人だって同じです。なにかに触れて感じる感覚を意識して大切に思うことは、心の安定にもつながるかもしれませんね。

そして、オキシトシンや成長ホルモンといった、ホルモンの分泌の影響。この2つが心と体の成長に大きく関係しています。

どういった影響があるのか見ていきましょう。

「オキシトシン」と「成長ホルモン」のおはなし

gettyimages (191476)

■愛情ホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」

スキンシップに関し、ここ10年ほどでとくに注目されているのがオキシトシンという脳内物質です。「愛情ホルモン」とも呼ばれる物質で、リラックスした気持ちで肌を触れ合うことにより、双方の脳内に分泌します。たとえば親子なら愛着関係を深めるとともに、それぞれにも嬉しい効果があるとわかってきたのです。

たとえば、子どもにとっては記憶力がよくなり学習効果を高めたり、ストレス耐性を強めるという効果がみられます。しかも、脳がもっとも発達する生後一年ほどの間にオキシトシンの影響を十分に受けると、脳自体がオキシトシンを出しやすいように変わるので、記憶力がよい、ストレスに強い、といった効果が一生続きます。

幼い頃のスキンシップが、その後の脳の成長や能力、性格などに大きな影響をおよぼすのです。この時期にはとくに意識して触れ合い、働きかけてあげましょう。
スキンシップをとり触れ合うことで、ママも子どもも心が癒される。そしてその癒しは安心感となり親子の信頼感へとつながります。その信頼感は、子どもが成長してからも感情やヘルプを出しやすくする環境をつくり、より安定した家庭へと導きます。

筆者は子育てをしていてよく思うことがあります。

「今後大きくなってから、私にすべてを話してくれなくてもいい。ただ本当に困ったときに相談できる、話したら安心できる存在でいたい。」

その信頼関係をつくる始まりは、新生児の時のスキンシップからすでに始まっているんですね。

■「成長ホルモン」の分泌

成長ホルモンは、骨や筋肉、各組織の成長を促進し身体を作ったり、健康的な身体を維持したりするのに必要なホルモンです。

脳の下にあり、脳にぶらさがっているように見えることから、「脳下垂体(のうかすいたい)」と呼ばれる内分泌器官から分泌されるホルモンの一つで、191個のアミノ酸からなるタンパク質でできています。

◯成長ホルモンの身体への影響

上記のような成長ホルモンの働きによって、成長ホルモンが、身体にどのような影響を与えるのか、以下にまとめました。

・骨が成長、発達する
・筋肉が成長、発達する
・肝臓など全身の臓器や器官が成長、発達する
・骨や筋肉を保持する
・健康な皮膚や毛髪を作る
・脂質の代謝を促し、脂肪がたまらないようにする
・糖代謝の正常な状態を維持し、血糖値を正常に保つ
・血圧を下げる
・傷の治りを促す
・生殖機能に影響を及ぼす
・記憶力を高める
・精神的な安定を保つ
・物事に取り組む意欲を高める
引用から分かるように、スキンシップをしっかり取って成長ホルモンの分泌が活発になった赤ちゃんは体に抵抗力がつき丈夫になり、また脳の成長も早く、より健康に育つと言えます。成長ホルモンは睡眠中が分泌されるタイミングだと言われていますので、睡眠前に親子でやさしく触れ合ったり、添い寝や手をつないで寝るなど安心感を得ながら寝ることはとても大切なことだと思います。

筆者は子どもと寝るときに、手をつないだり体をさすったり腕まくらをしたりして眠りにつくことが多いです。こうすることで、子どもだけではなく筆者自身も安心して安らぎを体全体で感じられます。また、心の底から愛おしいという感情があふれてきます。まさに親子でオキシトシンの影響をしっかりと受けているんですよね。

ただ、毎日こんなに幸せな気持ちで眠れているというわけではもちろんありません。疲れているのになかなか寝てくれないときや、悩みごとがあるときは、こんな気持ちになれないことだってあります。

しかしながら、なんでも知っていること(知識があること)が大切だと思いますし、知っているからこそ「できるときにやろう!」という気持ちにさせてくれる。この気持ちが私たちを前向きに行動させてくれます。

そして、改めてスキンシップの大切さを知ることで触れ合うときの気持ちの持ち方が変わるでしょう。その前向きな気持ちも肌を通じて一緒に子どもに伝われば、それはなおさら良いことですね!

スキンシップってどんなものがあるの?

gettyimages (191477)

26 件

このまとめのキュレーター

racco. racco.

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧