2022年7月24日 更新

簡単!大人のスカートを子ども用にリメイクする方法

気に入っていたけれど、着られなくなったスカートを子ども用にリメイクしてみませんか?大切な服がまた活躍する機会が作れ、無料で娘さんのワードローブも増えますよ!簡単にできるリメイク方法をご紹介します。

着なくなったけど捨てられないママの服、ありませんか?

gettyimages (315412)

大人の場合、子どもとは違ってサイズアウトをして服が着られなくなることはあまりありません。しかし、年齢を重ねることで合う服が変わり、着られなくなることは多いようです。
筆者も20代から30代へと移っていく頃に、「なんだか今までの服が似合わなくなってきたな」と思うことが増えていきました。また、スカートの丈の長さや服の色合いが年齢にそぐわず恥ずかしいと感じることもあり、着られない服が増えていったのです。
しかし、デザインは好きだったりあまり着てなかったりして捨てるのがもったいなくて、しまっておいたものも多くあります。そうした服を娘が小学生になった頃からリメイクして着せるようになりました。リメイクの仕方はとても簡単なので、ぜひやってみてください。

ウエストだけ調整する

 (317111)

現在、筆者の身長は157cm、娘(小学3年)は120cm台です。筆者にとってひざ少し上くらいの短いスカートが、娘にとってはロングスカートになるので、あまり着ていなくて娘が気に入るデザインのものをリメイクしました。
【用意する物】
・着なくなったスカート(丈短めでファスナー付きかゴム入りのもの)
・ミシン
【リメイクの仕方】
①着なくなったスカートを子どもにはかせる
②子どものウエストに合わせてスカートのウエスト部分を折り重ね、クリップで留める(写真参照)※折り重ねる場所は、目立たないように端にする
③ファスナーを開くかゴムを伸ばして、クリップがはずれないようにそっとスカートを脱がせる ④ウエストの重ねた部分をミシンで縫う
⑤もし裾が長くて気になるようであれば、折り返して縫う(裾上げテープでもOK)
⑥完成
筆者がリメイクしたスカートはプリーツが入ったスカートやふんわりと広がるスカートだったため、ウエスト部分を折ることでもう1つプリーツが増えても見た目に問題がありませんでした。ウエストの端で縫ったことで目立ちにくいということもあると思います。
しかし、増えたプリーツの見た目が気になる場合は、ウエスト部分だけでなく裾まで一直線に縫ってしまってもOKです。お子さんの成長に合わせてまたウエスト部分を縫い直したい場合は、ほどくのが大変なので裾まで縫わない方が良いでしょう。
18 件

このまとめのキュレーター

へびいちご へびいちご

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧