2018年11月20日 更新

子どもがかかりやすい目の病気【先天性鼻涙管閉塞】って?

子どもがかかりやすい目の病気の原因と症状、治療法、ホームケアの方法などについてご紹介します。今回は【先天性鼻涙管閉塞】についてです。

gettyimages (173497)

いざという時に慌てないためにもママやパパに知っておいてもらいたい、子どもがかかりやすい目の病気があります。原因と症状、治療法、ホームケアの方法などについてご紹介します。今回は【先天性鼻涙管閉塞】についてです。

原因と症状

gettyimages (173501)

涙腺から分泌された涙は涙嚢を通り、鼻涙管を流れ、鼻の奥に流れます。この管は普通、胎児期に開通しますが、ときに薄い膜が残ってしまうことがあり、これが先天性鼻涙管閉塞です。目やにや炎症を起こす原因になるなど、赤ちゃんには比較的よく見られるトラブルです。

鼻涙管閉塞は大抵片目だけに起こります。涙が鼻に流れていかないため、生後間もなくからいつも目がうるんでいたり、目やにがたくさん出たりします。涙嚢にたまった涙に細菌が繁殖すると、炎症を起こして「新生児涙嚢炎」になることもあります。

治療

gettyimages (173503)

生後3ヵ月くらいまで症状が軽ければ、自然に治ることもあります。また、眼科で鼻涙管に水を流したり、点眼薬を使ったマッサージで改善することも。

しかし3ヵ月を過ぎても目やにがひどい、充血する、目頭を押すと膿が出るなどの場合は、ブジーという器具を鼻涙管に通します。局所麻酔で短時間に済みますが、怖がらせないためにもなるべく低月齢のうちに受けましょう。

ブジーを使っても治らないときは、シリコーンチューブの留置手術が行われることがあります。

ホームケア

gettyimages (173506)

目やにはお湯に浸したガーゼやティッシュで拭き取りましょう。片目だけ涙や目やにが出る場合は、目頭を押さえるようにマッサージをします。3日間続けても変化がなければ受診しましょう。

まとめ

gettyimages (173509)

まだまだ発達途上にある乳幼児にとって、目の病気は視力に影響することもあります。普段から目をよく観察して、なるべく早めに病気を発見できるようにしましょう。
15 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧