2019年8月28日 更新

妊娠を望む方も、妊婦さんも必見!!"葉酸の効果"をお教えします!

妊娠期に欠かせない栄養素として注目されている「葉酸」。どんな働きをするの?どんな商品があるの?今回は、気になる疑問や葉酸が多い食品・食材、サプリなどをピックアップしてご紹介します。

thinkstock (108122)

妊娠期に欠かせない栄養素として注目されている「葉酸」。どんな働きをするの?どんな商品があるの?今回は、気になる疑問や葉酸が多い食品・食材、サプリなどをピックアップしました。

「葉酸」とは

thinkstock (108125)

「葉酸」は、水溶性のビタミンB群の一種。1941年にホウレンソウの葉から発見されたことから、ラテン語で「葉」を意味する「folium(フォリウム)」から「folic acid=葉酸」と名付けられました。

「葉酸」は代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれるため、細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素といわれています。ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあります。

中でも「核酸」とはDNAやRNAのことで、細胞の核の中にあって遺伝情報を保存し、遺伝情報の通りに身体をつくっていく指令を出すところ。いわば、生命の根幹です。そのため、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素とされています。

胎児期は人間の体がの基本がつくられる大切な期間。妊娠期や授乳期のお母さんにとって「葉酸」は必要不可欠な栄養素。 赤ちゃんが欲しい女性は、妊娠1ヶ月以上前から葉酸をしっかり摂取することが奨められているようです。

また、2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記述が記載されています。

「葉酸」の効果

「葉酸」と聞くと、妊娠初期の妊婦や妊娠を希望する人が飲むというイメージだと思いますが、実は妊婦だけではないんです。葉酸は生活習慣病の予防にも良いことが分かってきているようです。

<葉酸のもう1つの大きな役割>
gettyimages (108129)

新たな動脈硬化性疾患の危険因子として注目されている物質“ホモシステイン”と呼ばれるアミノ酸。「葉酸」には、このホモシステインを血液中のコレステロール値を下げることで知られる“メチオニン”と呼ばれるアミノ酸に変換する反応を助ける働きもあることが最近の研究で明らかになったんだとか。

「葉酸」は、新たな効果として生活習慣病の予防にも期待が高まっています。

「葉酸」を多く含む食材

gettyimages (108131)

「葉酸」は、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。その他にも、レバーや豆類などにも含まれていますが、 水・熱・光に弱いため、調理で栄養を損失してしまうことが多く、普段これらの食材を食べているだけでは、まだまだ不足がちになってしまいます。

そのため、葉酸を多く含む食材+サプリなどを取り入れて補うのがおすすめされています。

ママが気になる!おすすめ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ

5,980
葉酸サプリ・妊活サプリをお探しなら「ベルタ葉酸サプリ公式ショップ」。無添加で妊娠前(妊活中)・妊娠中・授乳中でも安心安全!BELTAユーザーの生の声から生まれた無添加葉酸サプリ!

赤ちゃんのために選ぶならBABY葉酸~ママのめぐみ~

6,980
実際に妊活~出産を経験した開発者が監修し、赤ちゃんとママさんに必要なものを1粒に凝縮!お腹の赤ちゃんに必要な栄養はもちろんのこと、ママの美容までケアできるマルチな葉酸サプリメントです。
21 件

このまとめのキュレーター

みっちー みっちー

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧