2019年8月28日 更新

授かりたい二人をサポート!妊活の心強い味方!

夫婦二人手を取り合って、体調を整えて前向きな気持ちで元気な赤ちゃんを授かりたいですね!

 (97509)

『結婚してから何年も経つけど赤ちゃんが来る気配がない』『2人目を考えているけどなかなか出来ない』など、妊娠を希望しているのになかなか授からないと悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。
不妊治療は精神的にも身体的にもかかってくる負担は大きいため、妊活に必要な正しい知識を身に付けることはとても大切なことです。ぜひ皆さんの妊活に役立ててくださいね。

あなたは大丈夫?現代人の生活習慣

 (97514)

近年、男性の不妊が増えています。不妊といえば女性のイメージが強いですが、男性も不妊症になります。
原因は不規則な生活習慣、食生活や睡眠時間の乱れ、仕事のストレスなどが考えられます。しかも、現代は従来に比べて野菜の栄養価も低く、飽食な世の中なのに栄養不足ともいわれています。そのため、精子の数の減少や精子の奇形など男性の体にも異変が起こってしまうのです。

これは女性にも同様なことが言えます。女性の社会進出により男性同様生活習慣が乱れがちです。日本は先進国の中でも一番不妊症で悩む女性が多く、少子化や出生体重の低い赤ちゃんが増加するといった問題になっています。

それは全てお母さん、お父さんの体が赤ちゃんを迎える用意ができているかどうかに尽きます。赤ちゃんができたらお母さんの栄養状態や精神状態が重要になってきますが、授かるかどうかというのは夫婦二人の問題です。

まずは、夫婦で生活習慣や食生活について話し合ってみませんか?食生活では不妊症に効果的な栄養素を知り、日頃の食事に取り入れていきましょう。

赤ちゃんを迎えるための準備【栄養の重要性】

 (97515)

赤ちゃんを授かり、育む際には様々な栄養素が必要です。中でも授かるために摂取すべき注目の5つの栄養素があります。

葉酸

 (97518)

妊婦さんは意識して葉酸を摂取するようにと言われ、葉酸は妊婦さんの中では定番の栄養素です。葉酸はホウレンソウや小松菜、レバーなどに含まれるビタミンの1つです。葉酸の摂取がすすめられた一番の理由は、葉酸を摂取することで胎児の神経管閉鎖障害(障害児や死産)のリスクを低減することができるからです。

しかし、葉酸には弱点が2つあり、1つは熱や水に弱く、料理する段階で葉酸は破壊されてしまうこと、もう1つは吸収率が悪く食べた量の半分位しか摂取されていないということです。

ヘム鉄

 (97521)

ヘム鉄は肉類や貝類などに含まれている鉄分の1つです。対なるものとして非ヘム鉄があり、海藻やほうれん草、小松菜などに含まれています。
安価なサプリメントには非ヘム鉄が使われていることが多く、非ヘム鉄はヘム鉄よりも吸収しにくい鉄分です。
妊娠から授乳期間まで母体は鉄分不足になりがちです。意識して摂取しましょう。

43 件

このまとめのキュレーター

元気ママ編集部 元気ママ編集部

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧