2018年10月23日 更新

これ知ってる?ヘルスパフォーマンス=栄養効率を高める野菜調理法まとめ

いま、主婦の間で注目されている「ヘルスパフォーマンス(栄養効率)」の高い調理法。栄養効率は数多く知っていれば知っているだけ毎日の家族への調理に役立ちます。そこで今回は、ヘルスパフォーマンスを高める野菜の調理法を集めてみました!

gettyimages (171932)

今、調理周りの時短ニーズやコスパニーズはもちろんのこと、「ヘルスパフォーマンス(栄養効率)」が注目されつつあるといわれています。

トレンド総研のリリースによると、ヘルスパフォーマンスとは、一言でいえば「“栄養”の無駄をなくす」調理法のことだそう。

同じ品種や量の食材でも、どんな風に調理するか、どの食材と組み合わせるかによって栄養素の吸収率が大きく異なることがあります。そこで、食材の性質の知識を活かして、より効率的に栄養を摂るための調理法が、ヘルスパフォーマンスを高める調理法というわけです。

確かに、同じ食材・量でも、子どもや家族に少しでも多くの栄養を摂取させてあげたいですよね。

ヘルスパフォーマンス知識は、家族の健康をにぎるママの武器になりそうです!


参照:https://kyodonewsprwire.jp/release/201810169229

野菜のヘルスパフォーマンス(栄養効率)アップ法

そこで今回は、代表的な野菜のヘルスパフォーマンス(栄養効率)をアップさせる方法をチェックしていきましょう!
■トマトは「トマトソース」にするとリコピンの吸収効率UP!
gettyimages (171916)

●トマト:生のままではなく「トマトソース」にすることでリコピンの吸収効率がアップ
⇒トマトソースの調理工程(にんにく・たまねぎを加え、油で加熱する)が、リコピンを体内に吸収されやすい形にする
最近、リコピンの名をよく耳にするようになりましたが、大辞林 第三版の解説によると、リコピンはトマトに多く含まれる赤い色素で、「高い抗酸化作用」があることから、がんや老化の予防に効果があるといわれるそうです。生のトマトも美味しいですが、トマトソースも積極的に使いたいですね!

定番のトマトソース系パスタはもちろん、トマトソース煮込み、グラタン、アクアパッツァなど幅広い活用用途があります。


参考:https://kotobank.jp/word/%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%B3-148641
■ほうれん草はゆでるよりラップしてチンのほうがビタミンCが摂取できる!
gettyimages (171919)

●ほうれん草:ゆでるのではなく「ラップ&レンジ調理」でビタミンCの流出を軽減
⇒ビタミンCは加熱によって壊れる性質があり、ゆでるとビタミンCがお湯に流れ出てしまうため、電子レンジ調理のほうがベター
ほうれん草は、栄養が豊富といわれているので積極的に摂取したい野菜。ビタミンCは加熱すると壊れてしまうんですね。電子レンジでチンのほうが楽ですが、実は栄養面ではプラスだったとは驚きですね。


■小松菜×レモンで、小松菜の鉄分が吸収されやすくなる!
gettyimages (171921)

●小松菜:「レモン」との組み合わせが、鉄分の体内吸収をサポート
⇒レモンに多く含まれるビタミンCは、鉄分(植物に含まれる非ヘム鉄)の体内への吸収を助けてくれる働きがある
小松菜も栄養面から取り入れたい野菜。レモンと合わせると鉄分がより摂取できるんですね。

どんな料理があるのか調べたところ、
小松菜のレモンサラダ、小松菜のレモンだしおひたしなどがありました!
30 件

このまとめのキュレーター

あずさママ あずさママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧