2020年9月11日 更新

疲れてきた時こそやってほしい!日常でできる簡単な瞑想法

マインドフルネス=瞑想というイメージが強いですが、実は日常で簡単にできる瞑想法があります。子育てで忙しくて時間の取れないママでも簡単にできますので是非参考にしてみてください。

最近は「今ここ」に集中するマインドフルネスを実践する方たちが増えているようですが、マインドフルネスときくと目を閉じて行う瞑想法を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実は目を閉じて行う瞑想法だけでなく、日常で簡単にできる瞑想法があります。子育てで忙しくて時間の取れないママでも簡単にできますので是非参考にしてみてください。

マインドフルネスとは

gettyimages (239252)

マインドフルネスとは「ただ目の前のことに集中する状態」といわれています。マインドフルネスを日常生活にとりいれると様々な心の変化を実感できるといわれています。

・脳疲労が減り集中力がアップ
・創造力アップ
・幸福度がアップ
・自分軸が整い周りと比べなくなる

などどいった効果が実感できるといわれています。

家事で行える瞑想法

gettyimages (239253)

近年注目を浴びてるマインドフルネス。マインドフルネス=瞑想と捉えがちですが、実はそうではありません。マインドフルネスとは「瞑想」のことではなく、こころの状態を表しています。

言い換えるならば、「ただ目の前のことに集中する状態」といえるでしょうか。

実は朝、コーヒーを飲むときコーヒーの豊かな香りを味わってみる。ただこれだけのことでも「目の前のことに集中している状態」マインドフルネスといえるのです。

例えば、
・窓を丁寧に磨く
・玄関を隅々まで履く
・食材を丁寧に洗い調理する
・コーヒーを丁寧に入れる
・寝る前にスマホに触れず寝ることに集中する など

これらも「目の前のことに集中する」マインドフルネスといえるのです。

基本的な瞑想法「呼吸う瞑想」

gettyimages (239254)

呼吸瞑想初心者の方は5分を目安に行うことをおすすめします。

①座って足を組む
床の上に座布団をひいて座りましょう。

②姿勢を整える
上から糸に引っ張られるような感じで胸を突き出し背筋を伸ばします。

③手を組みます
自分がしっくりくる組み方で構いませんが、手を組んだら足の上にのせて丹田(下腹部)にあてるようにしましょう。

④呼吸を数える
目を半眼にして呼吸に意識を向けます。心の中で「ひとーつ」「ふたーつ」と数えて10までいったらまた1に戻ります。

※半眼…本来の禅の修行では目は閉じず半分開いた状態「半眼」で瞑想を行います。目を閉じた真っ暗な世界では自分の妄想が浮かびやすくすぐ雑念が浮かんでくるので半眼で瞑想するのが本来のスタイルのようです。

日常生活で行える瞑想法①「歩行瞑想」

gettyimages (239475)

①姿勢を整える
まず背筋を伸ばして立ち、両手は体の前か後ろで組みます。裸足で歩ける場所であれば裸足で行うのがおすすめです。

②歩行スタート
ゆっくり歩きだし、足の裏の感覚を感じます。一歩の動作を「かかとが上がる」「つまさきが上がる」「移動する」「着地する」と細かく感じ取りながら行うことをおすすめします。

③歩行転換
行き止まりや角にきたら、ひと呼吸して周りの景色を見ながら方向転換します。止まるときにしっかり足をそろえて立つと心がより整いやすくなります。

日常生活で行える瞑想法②「慈悲の瞑想」

gettyimages (239478)

27 件

このまとめのキュレーター

Cocorohanasakuママ Cocorohanasakuママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧