2021年10月11日 更新

<全国から揚げ調査2021>今年もから揚げ年間総消費量は400億個突破(推計値)!好きなおかずランキング堂々のNo.1は不動!

から揚げは国民食として定着!?株式会社ニチレイフーズが「から揚げ強化月間」に合わせ、全国の一般生活者14,099名を対象に「鶏のから揚げ」に関する意識・実態調査『全国から揚げ調査2021』を実施しました。

株式会社ニチレイフーズは、「から揚げ強化月間」に合わせて、全国の一般生活者14,099名を対象に、「鶏のから揚げ」(以下、「から揚げ」と表記)に関する意識・実態調査『全国から揚げ調査2021』を実施しました。(調査時期:2021年8月、調査方法:インターネットによるアンケート調査)

から揚げは国民食として定着!?好きなおかずランキングでも堂々のNo.1!

「焼肉」「餃子」などを押さえ、「から揚げ」が2年連続の堂々1位。から揚げ好きも2年連続で約9割を達成!
 (283167)

 (283168)

調査回答者に、全29品のおかずから好きなものを選択(複数選択可)してもらったところ、全体の70.8%が「から揚げ」を選択2年連続で好きなおかずランキング第1位に輝きました。2位には「焼肉(69.4%)」、3位には「餃子(69.1%)」がランクイン。

年代別でみると、昨年と同様に調査回答者(20代〜70代男女)いずれの層でも「から揚げ」を選択している人が多く、引き続き幅広い性年代から愛されていることがわかりました(中でも男性50代、女性30~40代は8割近くが好きと回答)。
から揚げの好意レベルを聞いたところ、2年連続で約9割が好きと回答(「好き(62.3%)」、「やや好き(25.7%)」)。から揚げが、“日本の国民食”として定着しつつあることが伺えます。

から揚げの年間総消費量は2年連続で400億個を突破!?〔推計値*1〕月1回以上食べる頻度も昨年と同水準を維持。

さらに、月に1回以上から揚げを食べる人は全体の約80%。
 (283173)

全国のから揚げ消費個数を推計で算出したところ、2021年の年間消費量は昨年と同様に約400億個以上となる見込みであることが分かりました。
1ヶ月以内のから揚げ喫食率をルート別でみると、「惣菜」が47.6%(昨年比+1.5pt)と最も多く、次いで「手作り(44.2%/昨年比-1.9pt)」「冷凍食品(29.1%/昨年比-0.1pt)」「コンビニ(24.4%/昨年比+0.5pt)」「鶏のから揚げ専門店(19.9%/昨年比+1.5pt)」「外食(19.0%/昨年比-0.9pt)」となりました。
コロナ禍が長引くなか、自粛疲れの影響か「手作り」比率は下がった一方で、市場規模が最大の「総菜」や、「コンビニ」の消費量が堅調に推移し、年間消費量を底支えしました。
*1 聴取したから揚げ喫食頻度に1回で食べる平均個数を掛け合わせて1年間の消費個数を算出。 最終的に、20~79歳の日本人総数91,921,260人(平成27年度国勢調査)とした場合の喫食個数を推計。

41 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧