2019年9月3日 更新

食感の変化は3段階!一度に作れるヘルシー豆腐フライレシピ♡

時短・簡単・節約レシピ!必須材料は、豆腐・小麦粉・油のみ!揚げ時間を変えるだけで3つの食感!手づかみ食べ~おつまみまで、一度に作れてバリエーション豊かな豆腐フライのレシピを紹介します。

家族みんなの健康・おいしいをつくる豆腐フライレシピ3連発!

thinkstock (51701)

豆腐というと、良質なたんぱく質、大豆イソフラボンなどの豊富な栄養素に、ダイエットや動脈硬化の予防などさまざまな美容面・健康面での良い効果が知られている優秀な食品ですよね。

でも、冷奴やお味噌汁など、豆腐のレパートリーのマンネリに飽きてしまったり、健康を意識していても揚げ物を食べたいパパや子どもたち…。そんなママにおすすめの、揚げ豆腐レシピを紹介します。

今回紹介するレシピは、材料・下準備はすべて共通、揚げ時間を変えるだけで、3つの食感を楽しめるものです!手づかみ食べの1歳頃の赤ちゃんから、おつまみまで応用できるレシピです。ぜひ参考にしてください。

材料

thinkstock (51746)

・絹ごし豆腐 1丁

・小麦粉 適量

・油(お好みのもので良いですが、カラッと臭みの少ない米油などがおすすめです) 適量

下準備・作り方

gettyimages (51748)

① 絹ごし豆腐をキッチンペーパーで包むなどし、しっかりと水気を切っておきます。

② ①の豆腐を5mm前後の幅に切ります(より小さくしたり細くするのも、後述しますがバリエーションに富むのでおすすめです)。

③ ②の豆腐を崩れないように広げ、まんべんなく小麦粉をまぶします。

④ 油を170~180度に熱し、揚げていきます。
下準備はたったこれだけです!そこから揚げ時間を変えていくと、3つの食感に変身していきます。

"揚げ出し豆腐風” 豆腐フライ

gettyimages (51757)

揚げ時間1分弱!うっすら衣がきつね色になった程度で引き上げると、中の豆腐のふわふわ感が味わえる揚げ出し豆腐風になります!

薄いつくりなので、枚数を加減して子ども用ご飯の量の調整の一品にも。大根おろしや生姜などの薬味、お好きな出汁やあんかけでお召し上がりください。

"ポテトフライ風” 豆腐フライ

子どものおやつ、おつまみにおすすめ

26 件

このまとめのキュレーター

piyoco piyoco

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧