2018年10月8日 更新

うるおいが2倍にアップ!蒸しタオルによる“温感美容”の効果

「アロエス ウォータリングゼリー」との組み合わせで、秋冬の乾燥くすみ対策をしよう!

秋冬のお肌の乾燥は外気やエアコンによる「湿度低下」が原因

 (170322)

秋冬のお肌が乾燥する大きな要因は湿度の低さです。外気やエアコンによる湿度の低下で空気中の水分量が下がり、お肌の水分が奪われてしまいます。また、気温が低くなると血流が悪化し、お肌のターンオーバーが乱れやすくなります。そのため角層が厚くなり、“くすみ”や“ごわつき”等の症状があらわれます。

寒い季節にぴったり!蒸しタオルを使った“温感美容”

 (170327)

湿度が低く寒い季節におすすめなのが、蒸しタオルを利用した“温感美容”です。蒸しタオルのスチームで、お肌をじわーっと温めてやわらげ、角層のすみずみまでうるおいを浸透させます。スチーマーを持っていなくても、電子レンジとタオルさえあればお家で簡単に行うことができるお手軽な美容法です。

お肌の水分不足に「アロエス ウォータリングゼリー」プラス蒸しタオル

秋冬のお肌の水分不足には「アロエス ウォータリングゼリー」がおすすめです。水分とオーガニック認証を受けた植物由来のうるおいを、同時に補給できるオイルカット処方の保湿ジェルです。ジェル状でたっぷりお肌にのせることができるため“温感美容”にぴったりです。

蒸しタオルを合わせて使うことで、角層へのうるおい浸透がさらに高まり、みずみずしく透明感のあるぷるぷるなお肌へ導きます。実験の結果、蒸しタオルをプラスした場合、10分後のお肌の水分量が約2倍になることが分かりました。
【実験結果】
蒸しタオルと「アロエス ウォータリングゼリー」の組み合わせによるお肌の水分量の変化
 (170330)

測定結果:蒸しタオルと組み合わせて使用した方が、皮フの水分量が高くなることが分かった。
測定方法:試料を用いた後、および蒸しタオルを併用した後に角質水分量測定装置を用いて皮フ水分量を測定。
試料:アロエス ウォータリングゼリー

(2018年1月 ウテナ研究所調べ)
【手順】
 (170331)

①タオルを水で濡らしてしっかり固く絞ります。
②絞ったタオルをお皿の上に乗せ、電子レンジ(500W~600W)で約30秒間温めます。
③その間に「アロエス ウォータリングゼリー」をたっぷりお肌にのせます。
④やけどをしないように注意してタオルを広げ、30秒~1分間お顔にのせます。
⑤そのあと、乳液やクリームなどでお肌をととのえます。
※お肌に残ったゼリーはボディ等になじませるか、タオルでふき取ってください。
27 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧