2019年2月22日 更新

乾燥・花粉に負けない肌づくりをしよう!贅沢なスキンケアコスメ3選

冬の乾燥と春の花粉に備えて、強い肌づくりを目指してみませんか? 今回は、乾燥や花粉に負けない肌作りのための、ちょっと贅沢なスキンケアコスメを3つご紹介! 強い肌づくりのお勉強もしましょう!

gettyimages (183082)

寒さと乾燥はまだまだ続き、今年は花粉大量飛散のニュースも流れ、ますます肌にとってリスクのある季節。過酷なこの冬~春までの期間を乗り切る強い肌づくりのために、今回はちょっと贅沢な肌作りのアイテムを3つご紹介します。どのようなアプローチで肌を強くするのか、お勉強もしてみましょう!

1.「SHISEIDO ホワイトルーセント ブライトニング ジェル クリーム」

SHISEIDO ホワイトルーセント ブライトニング ジェル クリーム - 化粧品・コスメの通販 | ワタシプラス/資生堂

9,180
冴えわたる肌の感覚が、明日の肌を変える。肌本来の清らかな明るさとハリで、日々喜びを感じる美透白肌※へ。ふんわりと軽くなめらかな感触で、メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐとともに、みずみずしいうるおいに満ち溢れた肌が持続します。
2019年2月1日に発売された資生堂のSHISEIDOブランドの新モイスチャライザー6品目6品種のうち、今回取り上げるのは、朝・夜用の、ホワイトルーセント ブライトニング ジェル クリーム。

ホワイトルーセント ブライトニング ジェル クリームは、肌感度にアプローチする独自のテクノロジーが盛り込まれている薬用美白クリーム。

このシリーズは、乾燥や紫外線から守る、新しいスキンケアアプローチのうち、「REGENERATE」(リジュネレイト/引き出す)に着目されて作られたもの。
つまり、乾燥や肌あれなどの肌の感覚に影響を及ぼす要因に着目して、肌感度にアプローチするものなのです。
●肌の土台づくりのカギを握るのは「肌免疫」と「感覚神経」!

ところで、乾燥や花粉などにより、肌乾燥や肌あれが気になるというママは、ぜひ必見なのが、肌の土台づくりをしっかりしておくこと。子どもが小さいうちは、スキンケアどころではないこともありますよね。土台がしっかりしていれば、ちょっとやそっとのことでは肌は健康に保つことができるはず。

では、どうすればいいのでしょうか? そのヒントを、医学博士で、資生堂の研究員であるグローバルイノベーションセンター細井純一さんの教えている内容から少しお勉強!

細井さんによると、すべての肌トラブルには、「肌免疫」と「感覚神経」が関係しているというのです!
・「肌免疫」について

 細菌やウィルス、アレルギー物質などの異物から肌を守る機能「肌免疫」の力を高めること。肌において、その免疫システムの司令塔として働くのが「ランゲルハンス細胞」と呼ばれる樹状細胞で、いわば肌のガードマン。ランゲルハンス細胞には、①ばい菌や有害な化学物質などの異物を見つけて排除する機能と、②紫外線や乾燥といった刺激への反応を鎮静化する機能があります。このランゲルハンス細胞の働きを強化し、常に最適な数に保つことで、肌は健康な美しい状態でいられるのです。

・「肌免疫」を司るランゲルハンス細胞はどんなときに減ってしまう?

 過度の紫外線や乾燥はもちろん、精神的なストレス、さらには栄養失調などトラブルの要因となる刺激を鎮静化した後に力尽き、死んでしまいます。ガードマンの数が手薄になるということはトラブルを招きやすくなるということ。生活習慣やスキンケアを見直して、常に最適な数のランゲルハンス細胞をキープし続けることが大切です。
via 資生堂資料「美肌のための最新スキンケア理論」
私自身、子育てを理由に、日頃、生活のリズムが乱れてしまったり、スキンケアを手を抜いてしまったりしてしまうこともありました。でも、肌免疫を低下させてしまっていた原因だったのかもしれない!と思いました。
・「感覚神経」について

 身体の内外で起きた刺激を脳に知らせ、脳からの指令を伝えて肌の再生などをコントロールする「感覚神経」が美肌づくりの鍵を握ります。例えば、「つるつる」「がさがさ」「熱い」「冷たい」「硬い」「柔らかい」などの情報は、肌センサーから「感覚神経」へと伝えられ、神経伝達物質を介して脳に伝えられます。

・「感覚神経」が鈍くなると…?

 「感覚神経」が鈍いと情報が正しく伝わらず、皮膚の細胞にダメージや炎症があっても「気付けない」=回復にむけての修復を始めないということに。健康な美しい肌に「感覚神経」の最適化が必要なのはそのためなのです。
via 資生堂資料「美肌のための最新スキンケア理論」
肌の神経のこと、日頃まったく考えていませんでした!鈍ってしまうと肌の回復も鈍るとは驚きました。
細井さんによると、「肌免疫や感覚神経に着目したスキンケアは、対症療法ではなく、自らが持つ防衛機能・再生機能を利用してきれいになる根本のケアである」といいます。

日頃からの生活習慣や丁寧な正しいスキンケアは、肌の土台づくりに欠かせないことといえそうですね。

2.CODAGE(コダージュ)「コダージュ セラム N°1 IM 」

コダージュ セラム N°1 IM [深層保湿](美容液)《30ml》 セラムコレクション CODAGE ONILINE STORE

11,880
コダージュ セラム N°1 IM [深層保湿](美容液)《30ml》 セラムコレクション CODAGE ONILINE STORE
フランス・パリ発のスキンケアブランド「CODAGE(コダージュ)」は、今、肌が必要とする栄養素を効率的に取り入れる最先端のカスタマイズセラムを扱っています。

例えば、保湿は「Hy」、抗炎症作用は「Ap」という独自のコードが決められており、それらのコードが記載されたセラムのリストの中から、自分の肌が必要とするコードが含まれるセラムを選んで使うというもの。

ママといえば、産後の影響もあり、肌悩みも多いもの。そのような中で、この自分の肌に合わせたケアができるアイテムは、肌づくりに役立ちそうです。何よりパリのコスメで自分を満たす贅沢時間にもなりそうです♪

2月~3月にかけて、横浜タカシマヤと東武百貨店 池袋店でポップアップショップが期間限定で開かれることもあり、注目度の高いブランドです!

【ポップアップショップ】
●2019/2/13(水)~2/19(火)横浜タカシマヤ:1階 婦人雑貨/化粧品売場 イベントスペース
●2019/2/28(木)~3/6(水) 東武百貨店 池袋店:2階 化粧品/婦人服飾雑貨売場 クローズアップステージ

限定POP UP SHOPを横浜タカシマヤ・東武池袋の百貨店2店舗にて開催します。 – CODAGE PARIS

限定POP UP SHOPを横浜タカシマヤ・東武池袋の百貨店2店舗にて開催します。 – CODAGE PARIS
セラムを「選ぶ、混ぜる、重ねる」。フランス・パリ発のカスタムスキンケア「CODAGE(コダージュ)」が限定POP UP SHOPを横浜タカシマヤ・東武池袋にて開催致します。

3.ヘレナ ルビンスタイン「プロディジー CELグロウ エッセンス エマルジョン」

プロディジー CELグロウ エッセンス エマルジョン - ヘレナ ルビンスタイン公式通販サイト

50,000
プロディジー CELグロウ エッセンス エマルジョン - ヘレナ ルビンスタイン公式通販サイト - 惜しみないほどのハリと弾力感。 煌めく肌に。 濃密エッセンス エマルジョン。
21 件

このまとめのキュレーター

あずさママ あずさママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報