2018年9月10日 更新

親子で楽しみながら取り組もう♪歯のケアのポイント

お子さんが歯みがきを嫌いにならないように楽しみながら取り組めるよう工夫しましょう。

gettyimages (165838)

乳歯が生え始める6か月過ぎごろから永久歯の生え替わりまでは、歯の健康にとって特に大切な時期です。お子さんが楽しみながら取り組めるよう、歯のケアポイントをご紹介します。

「ブクブクペー」を練習する

gettyimages (165853)

2歳半くらいからは食後に「ブクブクペー」で口の中をゆすぐ習慣を身につけましょう。ママが少し大げさにやって見せ、真似をさせます。最初はうまくできないこともありますが、焦らずに取り組みます。お風呂の時間など、濡れてもよい環境で練習してみるもの◎です。

歯みがきは楽しい雰囲気で

gettyimages (165854)

歯みがき指導は覚えやすいように毎回同じ動作、順番で行いましょう。ママも一緒に磨いて見せるとよりわかりやすくなります。最初は歯ブラシを口に入れるだけでもOK!神経質になりすぎず、楽しく習慣づけるようにしましょう。

仕上げみがきが大切

gettyimages (165857)

子どもの頭をひざの上に乗せ、軽く挟んで固定したら軽い力で細かく歯ブラシを動かします。嫌がる子どもには短時間で済ませるようにし、終わったら褒めてあげましょう。

歯みがき中の事故に注意

gettyimages (165852)

歯ブラシをくわえたまま歩くと、転んで思わぬケガをすることも。歯みがき中は集中させ、必ずママ側で見守りましょう。歩いたり走ったりすることのないように伝え、安全に気をつけるようにしましょう。

18 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧