2021年7月25日 更新

猛暑が予想される2021年夏必見!睡眠のプロが教える熱帯夜の快眠マニュアルとは

夏本番前でも既に4割超が「暑さでよく眠れていない」と回答。睡眠のプロが適切なエアコン活用法から、寝る前の習慣、寝間着まで快眠ワザを徹底解説!

7月19日に全国で梅雨明けが発表され本格的な夏の暑さがやってきました。19日には東京都など合わせて21の都府県に熱中症警戒アラートが発令され、夜になっても25度を超える熱帯夜にも注意が必要です。

そこでパナソニック株式会社は、睡眠の実態を把握すべく全国の20歳以上の男女548名を対象に行った調査結果を発表すると共に、睡眠改善インストラクターによる『熱帯夜の快眠マニュアル』を公開しました。

夏本番前でも既に4割超が「暑さでよく眠れていない」と回答!うちエアコンを一晩中つけっぱなしにしている人は3割以下の結果に。

睡眠の満足度に関する調査では、66%と7割近くの人が「全く満足度していない」「あまり満足していない」と答えており睡眠負債を抱えていることが分かりました。その原因について、4割超が「暑さ」と回答しており、6月下旬と夏本番前にも関わらず暑さにより寝苦しさを感じ始めていることが明らかになりました。

一方、暑さが原因で眠れていないにも関わらず、睡眠時にエアコンを一晩中つけっぱなしにしている人は3割以下となり、つけっぱなしにしない理由として半数が「直接風が当たり冷えすぎるのが嫌だから」と回答しました。
 (273789)

 (273790)

約3割以上がコロナ禍によるストレスで睡眠の満足度が下がったと回答

コロナ禍の感染不安や外出自粛によるストレスでの睡眠の満足度の低下に関する調査では、6.6%が「頻繫にあった」28.8%が「時々あった」と回答しており約3割以上が影響を受けていたことが分かりました。
 (273793)

■白川修一郎先生 コメント
強い心理的ストレスにさらされた場合、短期的には入眠困難や中途覚醒を生じ、不眠に陥り睡眠時間が短縮することが多いです。ストレスにより、脳・自律神経系とホルモン系に変異が生じ、睡眠が阻害されると推定されています。

睡眠のプロが教える熱帯夜の快眠マニュアル

熱帯夜で寝苦しいときは、エアコンを上手く活用することで眠りやすくなります。ここからは、パナソニック睡眠改善インストラクターの菊地真由美さんより、夏にエアコンを上手く活用し快眠できるコツをお伝えします。


■パナソニック 睡眠改善インストラクター 菊地 真由美さん
 (273798)

パナソニック アプライアンス社 コンシューマーマーケティングジャパン本部 商品センター マーケティング企画部所属。家電を使って睡眠環境を向上させるため、より専門的な知識を得たいと睡眠改善インストラクター(日本睡眠改善協議会認定)の資格を取得し、「快眠環境サポートサービス」を立ち上げる。同社内でも社員の睡眠の悩みに答える「眠りの先生」で、睡眠環境づくりに関する相談役も務めている。


①エアコンは寝室に入る30分前に ON、上に向けて風をあてておく
 (273801)

一般的には、室温 26~28℃が心地よく眠れる環境だといわれていますが、温度同様に重要なのはエアコンを運転させるタイミング。ついやりがちな間違いが、布団に入ったタイミングでスイッチを入れること。日中に室内に溜め込んだ熱が、夜になっても天井や壁にこもっているため寝るタイミングでエアコンをつけても、室温が下がるまでに時間がかかることがあります。寝室に入る30分前にエアコンをONにし、上に向けて風をあてておくのが、効率よく良い睡眠環境を作るコツです。
34 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧