2019年9月28日 更新

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を防ぐ!肌を「内側」から育てるスキンケアに注目

「フィラグリン」の”産生ケア”で肌本来のバリア機能を強化 ~秋からの乾燥対策 0歳からのスキンケアで肌に健やかな将来を~

【トリビア】手のひらを見るだけで、アトピーになりやすいかどうかが分かる!?
 (203005)

特に、肌の弱いママ・パパは「子どもにも遺伝するのではないか?」「同じ思いをさせたくない」と悩まれています。先述の通り、アトピー性皮膚炎の主な原因は、「フィラグリン」遺伝子の異変とされています。つまり、「フィラグリン」が産生されにくい状態にあることがアトピー性皮膚炎の発症につながると言えます。

実は、「フィラグリン」が十分につくられているかどうかを簡単に知る方法があるのです。右の図のように、手のひらに細かいシワがたくさんある(=掌紋増強)と「フィラグリン」が十分につくられていない可能性が高いです。

「フィラグリン」が産生されないと必ずアトピー性皮膚炎が発症するわけでないですし、大人になると十分な量がつくられるようにもなりますが、ママ・パパ自身や赤ちゃんに掌紋増強が認められる場合には、より入念にスキンケアをすると良いでしょう。
わかばひふ科クリニック 院長 野﨑 誠(のざき まこと)プロフィール
2001年山形大学医学部卒業。2004年より国立成育医療研究センター皮膚科勤務。2013年3月より「わかばひふ科クリニック」(東京都武蔵野市)院長。専門分野は小児皮膚科。特にアトピー性皮膚炎を始めとする乳幼児の湿疹性病変、皮膚アレルギー性疾患、虫刺され、あざ・母斑および同症に対するレーザー治療。開院以来昨年末までの0歳児の診察は2,000人、のべ1万1千件にのぼる。
21 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧