2019年8月28日 更新

妊娠中のトラブル・こんなときは医師に連絡し、受診しましょう。

ほおっておけないトラブルもあります。症状によってはすみやかにかかりつけの産院の診察を。早めの受診で安心することが先決です。

妊娠中のトラブル・こんなときはすぐに診察しましょう

◆出血◆

妊娠中に出血したときは、初期・中期・後期にかかわらず、受診をしましょう。症状によっては心配いらないものもありますのが自己判断は禁物です。

・妊娠初期の出血・・・流産・子宮外妊娠
・妊娠中期の出血・・・切迫流産・前置胎盤・常位胎盤早期剥離 などなど

出血した!そんな時はまず安静にして症状を医師に連絡し、診察を受けましょう。
◆おなかの張り・痛み◆

出血とならんで注意したい症状。まずは横になって体を休め、様子をみましょう。それでおさまるようなら心配ないかもしれません。

・痛みがどんどん強くなる
・動けないほどの痛み
・おなかが板のようにかたい
・出血や発熱をともなう

このようなときはほおっておけません。

また、お腹を打った、転んだ、ときなどもしばらく安静にし様子をみて、少しでもおかしいなと思うことがあったらすぐに受診しましょう。
 (1121)

◆頭痛◆

・強い頭痛が続いたり
・目に火花が散る症状
・目の前がちかちかする

こんなときは血圧に問題がある可能性があります。

「妊娠高血圧症候群」など
◆つわりがひどく水分もとれない◆

つわりを繰り返し、吐いて水分も受け付けないときは、脱水や代謝異常をきたすおそれがあります。点滴などが必要になる場合もあります。
 (1137)

◆胎動が急に感じられなくなった◆

「昨日までよく動いていた赤ちゃんが今日は静かだなぁ」「胎動が極端に弱い感じがする」
そんなときは何らかの原因で赤ちゃんが弱まっている可能性もあります。
◆前期破水◆

胎児を包んでいる卵膜が陣痛開始前に破れてしまうことです。妊娠の半ばで破れてしまうと、胎児が子宮の中にいられなくなって流産・早産のおそれも…。尿とも違うし、さらさらした液体(羊水)が流れ出る時、あるいは液体が大量に流れ出た時は急いで医師に連絡し、受診が必要です。

筆者も3度のお産で、2度は破水から始まりました。妊娠後期の場合は入院処置で無事に出産できることが多いので、少しでもおかしいなと思う時は、安心のためにも一度医師に連絡することをオススメします!
参考文献:公益財団法人 母子衛生研究会 「母子健康手帳 副読本」より

まとめ

赤ちゃんとのご対面まで、妊娠中のトラブルは妊婦さんにとって心配事だらけです。少しでもおかしいなと思った時はまずは医師に連絡して、受診するべきか、しばらく安静にして様子を見るべきか判断をあおってください。

急な出血や破水など、時間を問わず病院にコールできる番号など、事前に確認しておくことをオススメします。
14 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧