2019年8月20日 更新

【専門家アドバイス】妊婦の冷え性について

妊娠中、働きながら会社に助けられたことは?ホルモンバランスの変化や自律神経によって体温調節がうまく出来ない妊婦さんに、アドバイス!

妊娠中、働きながら会社に助けられたことは?

当プロジェクトが3歳以下の子どもを持つママ1000人にアンケートを実施しました。

Q.妊娠中、働きながら会社に助けられたことは?
元気ママ応援プロジェクトTV

元気ママ応援プロジェクトTV

アンケートの結果、妊娠に対して仕事を軽減させるなど、企業は協力的。
「冷え性を防ぐため」体調の気遣いを行っている会社もあることがわかりました。


そう妊婦にとって「冷え性」は大きな問題であり悩み。

妊婦の冷え性にアドバイス

今回、この「冷え性」にアドバイスしてくれるのは、薬学博士 田部昌弘(たなべ まさひろ)先生。人々の健康のために、正しい「しょうが」の食べ方やその特性などを伝えている、ショウガ使いの第一人者です。
元気ママ応援プロジェクトTV

元気ママ応援プロジェクトTV

「冷え性」で悩む妊婦は多く、その原因は、ホルモンバランスの変化や自律神経による体温調節がうまくできないこと・・・などと言われています。


妊娠中は体温が高めになるため、お腹や下半身の冷えに気付かない場合もあります。
さらに冷え性は、母体の血流を悪くするだけでなく胎児に栄養が行き届かなくなるなど、胎児の成長に影響がでることもあり、最悪な場合、流産を引き起こす可能性もあるといいます。
元気ママ応援プロジェクトTV

元気ママ応援プロジェクトTV

冷え性に気をつけるべき季節は【夏】

そんな妊娠中の冷え性を改善するためには、「冷え性」に気をつけるべき季節とは・・・

それは冬場よりも、実は「夏」なのです。
元気ママ応援プロジェクトTV

元気ママ応援プロジェクトTV

特に冷房の効いた部屋は、体も子宮も冷えやすいです。
そのためお腹を冷やさない腹巻きや、足下は靴下など露出を防ぎのが望ましいです。


そして体の中から温めることも必要!

重宝されている【しょうが】

20 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧