2018年9月13日 更新

夏に開いた毛穴の影響は秋に出る! 夏のダメージを今こそリセット!正しいケアで毛穴レス美肌をめざそう

目立ってしまった毛穴ケアには毎日のスキンケアが大切です。効果的な毎日の正しいスキンケアの仕方を紹介いたします。

夏に毛穴が開く原因とは?

 (168157)

■“高温多湿”からくる勘違い
日本の夏は高温多湿なので、皮脂や汗の分泌が過剰になります。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に詰まりやすく、角栓ができ、毛穴が開く原因となるのです。また、毛穴が開くことで、汚れがたまりやすくなり、目立ってくる黒ずみは毛穴も大きく見せてしまう要因のひとつです。これを阻止しようと皮脂や汗をタオルやハンカチで拭ってしまうと、肌に必要な皮脂まで奪う結果となり、逆効果です。高温多湿のベタつきから、つい保湿されていると思い、保湿ケアを控えめに している人も多いと思いますが、実は肌が乾燥する一方です。
■長時間冷房による乾燥にも注意
暑い夏、長時間冷房の効いた空間にいることで、水分量が低下し、ハリや弾力が失われるだけでなく、皮脂の分泌が出て、毛穴が広がってしまいます。肌は、乾燥すると、潤いを保とうと皮脂を分泌するため、注意が必要です。
■毛穴に個人差はなし!数も変わらない!
毛穴の大きさや数は生まれつき決まっていて、大きさそのものは変わらず、数が増えることもありません。毛穴は気温の変化によって自分で収縮する力を持っています。しかし、肌が乾燥すると、毛穴の伸縮が悪くなってしまったり、余分な皮脂が詰まってしまうので、毛穴が十分に閉じられなくなり、毛穴が開いたままの状態で目立ち、大きくなったり、数が増えたように感じるのです。

毛穴レスになるためのケア方法

■ケア方法はいたってシンプル!スキンケアが重要
目立ってしまった毛穴ケアに関しても特別なことをする必要はありません。毎日のスキンケアこそが大切なのです。そこで、効果的な毎日の正しいスキンケアの仕方を紹介いたします。


①やさしく洗顔
 (168164)

毛穴レス肌になるためには洗顔で余分な皮脂や汚れをきちんと落として、毛穴が閉じられる状態を作ってあげるのがポイント。黒ずみが目立つからといって、スクラブ入りの洗顔でごしごし洗うと肌が刺激され、角質層が厚くなり、毛穴が余計に目立ちます。

毛穴につまった角栓の成分は古い角質層のため、皮脂のように落ちないので、強くこすると、さらに角質層が厚くなり、ますます角栓を増やしてしまうことにつながります。刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。
②しっかり保湿
 (168167)

洗顔後に冷水で引きしめることで、毛穴が小さくなったようにも感じますが、それは一時的なものです。必要な潤いを与え、肌がふっくらと持ち上がる状態ができれば、広がっていた毛穴を元のサイズに戻すことができ、目立たなくなります。効率的に肌へ潤いを補給することがポイントです。
③薄めのベースメイク
 (168170)

せっかくスキンケアで毛穴ケアをしていても、毛穴を隠すためにファンデーションを重ね塗りしていては、毛穴に詰まりやすく、毛穴を押し広げてしまう可能性があります。ベースメイクをできるだけ薄めに、崩れたら、ティッシュで優しく押さえて直すことで、毛穴の改善につながります。うっかり夏に開いてしまった毛穴を元に戻し、毛穴レス肌をめざすためにも毎日のケアを心がけてみてくださいね。
30 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧