2018年4月23日 更新

生活を見直そう!スッキリ目覚めるための夜の習慣

気持ち良い朝の目覚めのために、新生活を機に、睡眠と生活習慣を見直してみませんか?

thinkstock (151266)

睡眠不足気味の人や、よく寝ているはずなのに「眠くて朝なかなか起きられない、スッキリしない」、「日中眠くて仕事や家事がはかどらない」という人は、日頃の生活と睡眠に原因があるのかもしれません。

スッキリ目覚めるために大切なこと

thinkstock (151270)

朝晩ぐっすり眠れると、体も脳もリフレッシュし、朝スッキリを目覚めることができます。
睡眠には体内時間と体温変化が大きく関わっていますが、それを整えるのが「光・食事・運動」です。目覚めたら朝日を浴び、朝食で体温を上げ、日中は体を動かし、夜は入浴して照明を落とし、就寝する。規則正しい生活が上質な睡眠を作り出してくれます。

今すぐ始められる「スッキリ目覚めるための夜の習慣」をご紹介します。

1. 夕食前に軽い運動をする

thinkstock (151290)

帰宅時に少し長めに歩く、スポーツクラブに寄る、部屋で筋トレをするなど、仕事の疲れが少し残っている時ほど軽く体を動かすと、心地よい眠りにつながります。

2. 夕食は眠る2〜3時間前には終わらせる

thinkstock (151293)

眠る前に食事をすると、眠ってからも胃が消化のために動き、良い眠りを妨げます。
どうしても難しい場合は、スープや雑炊など、胃に負担をかけないものにしましょう。

3. 就寝1〜2時間前に入浴を

gettyimages (151295)

ぬるめのお湯でゆったりと入浴して体を芯から温めると、ベッドに入る頃には体のほてりも取れて自然と良い眠りに誘われやすいです。(39〜40度の温度で15分くらいが目安)

33 件

このまとめのキュレーター

みっちー みっちー

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧