2022年3月14日 更新

病院に行きづらいコロナ禍…!親子で使える我が家の定番市販薬4選

コロナ禍で感染を避けるために受診を控える方は多いですが、体調不良を我慢するのは良くありません。親子で使える為、場所を取らず費用も抑えられる我が家の定番市販薬をご紹介しますので、参考になさってく下さい。

市販薬はどれを使ったら良いのか分かりにくい

gettyimages (300780)

コロナ禍が続き、感染を予防するためにちょっとした不調では病院に受診しないという方も多いと聞きました。そして、市販薬を服用する機会が増えているのだそうです。しかし、市販薬は種類が多くあり、何を使ったら良いのか悩ましいのが難点。また、いざという時のためにストックしておきたいけれど、費用がかさみ場所を取るということもデメリットと言えるでしょう。
そのため、筆者は子供と大人が兼用できる市販薬を選んで購入しています。1つの病気ごとに大人用・子供用と分けずに購入しないで済む分、置き場所も購入代金も随分削減できました。そんな便利な市販薬を今回はご紹介したいと思います。
なお、ご紹介した市販薬を服用する際は、用法・容量を守ることや、他に服用している薬がある場合には主治医や薬剤師に相談することを念頭に置いて下さい。また、症状が重かったり市販薬を飲んでも症状が改善しない場合には、コロナ感染を恐れずに病院を受診することも必要だと思います。

親子で使える風邪薬

DHC総合かぜ薬[指定第2類医薬品]|医薬品のDHC

1,650
かぜの諸症状を和らげる6つの成分を配合した総合感冒薬
DHCの総合風邪薬は、5歳以上から服用可能です。子供用の市販薬はシロップや粉薬が多い傾向にありますが、我が子達(現在13歳と8歳)は小さい頃から薬の味を感じやすいため苦手でした。しかし、こちらの風邪薬は錠剤タイプであるため、飲みやすいそうです。嫌がる薬を無理に飲ませるのは大変なので、筆者も助かっています。

効き目も良いと感じていて、風邪のひき初めに飲むと親子共に悪化せずに済んでいるため、長く愛用中です。錠剤が苦手なお子さんや小さなお子さんは、のどにつまらないよう注意して下さい。

(第2類医薬品)薬王製薬 葛根湯エキス顆粒S 12包

313
風邪のひきはじめ、頭痛、肩こり、筋肉痛に。
筆者は昔、授乳中だった頃によくこの薬のお世話になっていました。薬王製薬の「葛根湯エキス顆粒」は、3ヶ月から使用することができるため、赤ちゃんが飲んでもOKな薬であれば、服用しても安心だと思ったからです。風邪・肩こり・乳腺炎の改善に役立つので、授乳中で薬の服用が気になるママにもオススメです。

※「小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。」と注意書きがあります。低年齢のお子さんに服用させる場合はかかりつけ医に相談の上が良いでしょう。

※まとめに載せた写真とこちらの写真が異なりますが、パッケージ変更があったためです。

親子で使えるお腹の薬

新ビオフェルミンSプラス錠(130錠)

1,078
ヒト由来の4種の乳酸菌が、悪玉菌の増殖を抑え、乱れた腸内フローラを整えて、おなかの症状(軟便、便秘、腹部膨満感)を改善します。
「ビオフェルミンSプラス」も我が家の定番市販薬です。5歳以上から服用でき、粒が小さくて薄甘く、飲みやすいのが特徴です。筆者自身も筆者の子供達も小さい頃から使ってきました。
ちょっとお腹の調子が悪いなと感じた時に気軽に服用できて、効き目が良いと感じています。
25 件

このまとめのキュレーター

へびいちご へびいちご

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧