2019年8月27日 更新

「そろそろ習い事を…」と考えているママ必読!幼児期の習い事の心構え

幼児期に習い事をスタートさせる上で、ママはどんなことを意識すれば良いのでしょうか?幼児期の習い事の心構えについてまとめました。

gettyimages (148148)

「そろそろ習い事を…」と考えているママも多いかもしれません。幼児期に習い事をスタートさせる上で、ママはどんなことを意識すれば良いのでしょうか?幼児期の習い事の心構えについてまとめました。

習い事の目的は「楽しい」を見つけること

gettyimages (148203)

幼児期の習い事は、家庭や園では得られない“楽しいこと”を生活にプラスするイメージで考えましょう。「毎週土曜日のお昼はピアノ教室に行ってから公園に行く」など、無理なく生活サイクルの中に組み込む程度がいいかもしれません。

頑張らない、頑張らせない

gettyimages (148204)

「他の子より早く進級させたい」「センターで踊らせたい」など親が思うようになると、次第に子どもは習い事をプレッシャーに感じてしまいます。習い事はあくまでも“お楽しみ”。上手くても下手でも、本人が楽しいことが一番です。

「やめたい」と言ったらやめていい

gettyimages (148207)

「簡単にやめさせたらすぐ諦める子になる」と思うのは間違いです。幼児期は自分の意思で頑張るのは難しいものです。幼児期に「続けたい」と思うのは、大好きで楽しいから。楽しくないのに続けるのは、時間とお金のムダかもしれません。

まとめ

gettyimages (148147)

子ども自身が習い事を楽しいと思い、夢中で練習してくれるようならいいですが、「毎日練習しないと怒られる」とプレッシャーを感じたりしながらやるのはプラスにならないはずです。そんな時は、子ども自身が「やりたい!」と言い出し、楽しくやれるまで待ってあげましょう。
16 件

このまとめのキュレーター

けんたママ けんたママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧