2021年11月11日 更新

自分の毛が気になる若年層は9割以上!小中学生の毛の悩みとは…?

『#剃るに自由を™』第2弾始動!小中学生の毛の悩みとは…?全国の小学4年生~中学3年生までの男女500名を対象に「剃毛・脱毛に関する意識調査」を実施しました。

中には勘違いも!?みんなの毛の心配事TOP3は…1位「きれいに剃れない」46.0%、2位「剃ったらもっと濃くなる」 40.8%、3位「ブツブツができてしまう」36.4%

また剃毛の悩みについて、小中学生の43.8%が「毛について相談できる人や調べる場所がない」と回答。また毛に対する心配事を聞いたところ、46.0%が「きれいに剃れない」と最も多く、次いで40.8%が「剃ったらもっと濃くなる」、36.4%が「ブツブツができてしまう」と、毛に対する悩みがTOP3に。

また、「剃ったらもっと濃くなる」と勘違いをしている小中学生も多く、毛に対する悩みを相談したり調べたりする場所がなく悩みや心配事を解決できていない状況にあることがわかりました。
 (286762)

 (286763)

「正しい毛の剃り方がわからな」64.0%、さらに「剃り方を教わりたい」65.8%という回答に。多くの若年層が毛のお手入れに対して悩んでいることが判明!

また「正しい毛の剃り方」について小中学生がどのように考えているか調査したところ、64.0%が「正しい毛の剃り方がわからない」、65.8%が「正しい毛の剃り方を教わってみたい」と思っていることがわかりました。多くの小中学生が毛のお手入れに対して悩み、正しい知識を知りたいと思っていることがわかりました。
 (286766)

 (286767)

毛のお手入れについて「もっと自由に剃ってもいい」81.0%、「気軽に話せるようになったら良いと思う」80.6%。若年層も“毛”について自由な選択やコミュニケーションを求めている傾向に

さらに小中学生に毛のお手入れに対する考え方について聞いたところ、81.0%が「もっと自由に剃ってもいい」、80.6%が「気軽に話せるようになったら良いと思う」という結果となりました。昨年実施した第1弾の調査結果と同様、若年層も“毛”について自分で自由に決定したいという意思や、 “毛”について気軽に話す、相談するなど自由なコミュニケーションを求めていることがわかりました。
 (286770)

 (286771)

『#剃るに自由を™』第2弾始動!

 (286773)

刃物メーカーとして100年以上お客様に寄り添ってきた貝印は、剃毛・脱毛における意識の多様化に伴い、2020年8月から、『#剃るに自由を™』をテーマにしたコミュニケーションを開始しました。

第1弾では、全国の15~39歳の男女600名を対象に実施した「剃毛・脱毛についての意識調査」において「気分によって毛を剃っても剃らなくても良い」と思う人が80.5%という結果になったことから、剃る・剃らないの選択は自分で自由にしたい本音をバーチャルヒューマンMEMEを起用し様々な形で発信しました。

2021年は第2弾として、大人だけでなく若年層も“毛”について悩みを持ち、正しい剃り方を知りたい、”毛”について自由な選択やコミュニケーションを求めているというインサイトがあることから、毛に悩む若年層に寄り添うコミュニケーションを開始します。





【PR】元気ママ公式のまとめ一覧
30 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報