2018年8月23日 更新

産後の気になるからだのトラブル<下半身のトラブル編>

妊娠・出産を終えたママのからだには大きな負担がかかっています。気になる症状はひとりで抱え込まず、医師や助産師などの専門家に相談しましょう。

gettyimages (163297)

妊娠・出産を終えたママのからだには大きな負担がかかっています。産後はからだがあちこち痛み、想像していなかったトラブルも起きるでしょう。今回は、産後の気になるからだのトラブル<下半身のトラブル編>についてまとめました。

便秘・痔

gettyimages (163333)

便秘は、母乳に水分がとられて便がかたくなることや、出産時にできた会陰切開の傷を気にしていきめないことで起こりがちなトラブルです。縫合した傷はいきんだくらいでは開かないので大丈夫です。食物繊維の多い食事と水分補給を心がけましょう。

痔は、下半身の血行不良に、出産時のいきみが加わって起きやすくなります。医師の診察を受け、患部を清潔にして、処方された薬でケアしましょう。

膀胱炎

gettyimages (163334)

頻尿になったり排尿痛があったりしたら膀胱炎の可能性が高いです。出産の影響で膀胱が一時的に麻痺すると、尿意を感じにくくなることがあります。細菌感染が原因のことも。尿意を感じたらトイレへ行く、排便後は前から後ろへ拭くを徹底しましょう。

膣のゆるみ

gettyimages (163337)

出産時に赤ちゃんの頭が通るとき、膣の内部が広がるため、産後しばらくはゆるい状態が続きます。大抵の場合、何もしなくても数ヵ月で戻るので心配はないでしょう。早く回復させたい場合、膣を引き締めるエクササイズが効果的です。生活の中で無理せず取り入れてみましょう。

尿もれ

gettyimages (163339)

自然分娩をしたママの多くが経験するトラブルで、妊娠中のおなかの重みや出産時のいきみによって、子宮や膀胱を支えたり、肛門や尿道を引き締めたりする筋肉(骨盤底筋)が伸びきってしまうことが原因です。時間の経過とともに治ることがほとんどですが、骨盤底筋を鍛えるエクササイズで症状を改善できます。下記の記事で詳しく紹介しています。
24 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧