2018年8月24日 更新

産後の気になるからだのトラブル<おっぱいのトラブル編>

妊娠・出産を終えたママのからだには大きな負担がかかっています。気になる症状はひとりで抱え込まず、医師や助産師などの専門家に相談しましょう。

gettyimages (163348)

妊娠・出産を終えたママのからだには大きな負担がかかっています。産後はからだがあちこち痛み、想像していなかったトラブルも起きるでしょう。今回は、産後の気になるからだのトラブル<おっぱいのトラブル編>についてまとめました。

乳腺炎

gettyimages (163363)

乳腺が炎症を起こし、乳房が腫れて痛むのが乳腺炎です。38度以上の熱が出ることもあり、授乳時に赤ちゃんに噛まれた傷から細菌が入ったり、乳腺に母乳がたまりすぎたりすることが原因です。

軽度の場合は抗生剤の服用で治りますが、重症化すると手術が必要になることも。乳首を清潔に保ち、乳管を詰まらせないことで予防しましょう。

乳汁うっ帯

gettyimages (163365)

乳管が開いていないため乳管が詰まって母乳がたまり、乳房がかたく張って痛む状態です。マッサージをして詰まりを取り除きましょう。また、授乳後は母乳が残らないよう軽く絞るとよいでしょう。

乳頭部亀裂症状

gettyimages (163366)

乳頭部が傷ついたり、ただれたりする症状です。授乳時間が長くて乳頭に負担がかかったり、赤ちゃんが強く噛んでしまったりしたときに起こります。授乳のたびに痛むので、乳頭保護器というゴム製の乳首をかぶせたり、母乳を哺乳瓶で飲ませたりすることで、休ませることができます。医師や助産師に相談して対処法を考えましょう。

まとめ

gettyimages (163367)

産後のトラブルは、時間がたてば自然に解消するものがほとんどです。また、起こりうるトラブルを事前に把握しておけば、いざという時に慌てずに済みます。気になる症状はひとりで抱え込まず、医師や助産師などの専門家に相談しましょう。
16 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報