2024年1月30日 更新

節分に豆まきをするのはなぜ?その由来と正しい豆まきの仕方!

節分と言えば豆まき!子供たちの大好きな行事でもありますよね。でも、どうして2月3日に豆を投げるの?投げる豆ってなんでもいいの?知っているようで知らない『豆まき』の由来や正しい仕方を解説します。

どうして節分に『豆まき』をするの?その由来とは?

 (376932)

節分と言えば『2月の行事』のように思う方が多いのではないでしょうか?
節分とは本来 『季節の変わり目』という意味であり、立春、立夏、立秋、立冬のことをさします。 しかし現在は、立春の前日だけを節分と呼ぶようになりました。
旧暦では、1年は春から始まるとされていて、立春はお正月と同じくらい大切で特別な日でした。その為に1年の始まりとも言える立春の前日のみを『冬と春の大きな季節の変わり目』として節分と呼ぶようにりました。

節分に豆をまく理由

節分に豆をまく理由は、大切な新春に向けて悪いことを引き起こす邪気を払うためであり、悪いことや邪気を『鬼』に見立てたことから『鬼は外!』『福は内!』と言うようになったと言われています。

豆まきとは、幸せな1年の始まりを願う大切な行事だったのですね。

豆ってどんな豆でもいいの?

 (376931)

節分で使う豆。今は市販のものを使う人が多いのではないでしょうか。 しかし、正しい豆まきは『大豆』を炒ることから始まります。

炒った大豆を『福豆』と呼び、まず投げる前に枡に入れて神棚にお供えをします。 神棚がない場合には、自分の目線よりも高い位置に白い紙(書道用紙など)を敷いてそこにお供えするようにします。

本来の豆まき用の豆は大豆を使って準備をしますが、現在では『落花生』や他の豆を代用している地域もあるそうです。そして代用することが間違いではないそうです。

大切なことは、"本来の豆まきの意味や由来を知って行うこと"なのですね。

正しい豆まきの仕方

 (376933)

豆まきの仕方も地域によって違いがあるそうですが、ここでは一般的な方法をご紹介したいと思います。

豆まきをするのは夜。窓を開けて『鬼は外!』と言いながら豆を投げて鬼が戻ってこないように『すぐに』 窓を閉めます。

次は、『福は内!』と部屋の中にまきます。それを玄関から見て奥の部屋から順番に行い、玄関までまいて家中の鬼を追い払います。

ここで1つ、豆をまく人についても決まりがあるのはご存知ですか? 本来豆をまくのは『一家の主』であり、年男・年女・厄年の人でも良いとされています。 しかし、現在では家族みんなで豆まきをしても良いそうです。

豆まきは子どもたちの大好きな行事でもありますよね。家族みんなで1年の幸せを願いながら、鬼を退治していく、これが現代の正しい豆まきの仕方だと思います。

福豆は何個食べるのが正解?

さぁ、豆まきを終えたら、福豆を食べる準備をしましょう!この時、豆は何個食べるのが正解なのでしょうか?

福豆は『年とり豆』ともいい、"自分の年齢にひとつ加えた数"だけ食べます。そして食べる際も、新しい1年の幸せや無病息災を祈りながらいただくのです。
23 件

この記事のライター

racco. racco.

この記事のキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧