2021年4月27日 更新

何が必要?いくらかかるの?ママ要チェックの中学準備品リスト

「これから迎える中学校進学への準備…。まだ先だけど、何が必要でどれだけお金がかかるのか、知っておきたい!」そんなママさん必見の中学準備品リストです。

中学校で必要な物リストを配らない学校もある

gettyimages (263227)

我が家の長男は4月に中学1年生になりました。2月頭に中学校説明会があったものの、幼稚園や小学校の時のような“必要な準備物リスト”がなかったので、筆者は何が要り、何が要らないのか分からずに不安でいっぱいでした。

ちゃんとリストや細かい指定を教えてくれる学校もあると思いますが、同じように準備物が分からない方や、早めに知りたい方の参考になればと思い、記事にしてみました。ついでに費用が大体どれくらいかかったかも、ご紹介したいと思います。

学校指定品(制服・ジャージ・室内履き)

gettyimages (263230)

【制服一式】約6万円
・ブレザー
・Yシャツ(長袖1枚・半袖2枚 ※長袖シャツはあと1枚サービスで頂けたので購入数は1枚)
・ネクタイ
・ズボン(冬用・夏用)

【ジャージ一式】約4万円
・ジャージ上下長袖 2セット
・半袖Tシャツ 2枚
・ハーフパンツ 2着
・室内履き 1足

学校で購入するよう言われたのはこれらだけでした。シャツなどは洗い替えが欲しいので2着ずつ買いましたが、節約のため買わずに当日洗濯するご家庭もあるようです。卒業生に知り合いがいて制服・ジャージ一式おさがりできたという羨ましいご家庭も…!

各自でそろえる学校生活に必要な物(リュックや靴など)

gettyimages (263237)

指定品の他に、各自選んでそろえるものもあります。

・カーディガン 4000円
・リュックサック 1万円ちょっと
・サブバッグ 1000円
・運動靴2足 1万円ちょっと
・ジャージを入れるナップサック 1500円
・シューズケース 1500円
・傘 1000円
・水筒 1000円
・お弁当箱 1500円
・給食用ランチョンマット5枚 2000円
・ハンカチ5枚 1500円


カーディガンや髪ゴムなどは、指定ではないけれど校則によって色の指定がありました。黒・白・グレー・茶などの地味な色ですね。間違えて買うともったいないので、校則をチェックしてから購入するのが良いでしょう。

我が家では、中学生になったことや先輩など周りの人の目も考えて、校則で縛りのない他の物も、ほとんど黒やネイビーにしました。

学習に必要な物(文房具など)

gettyimages (263235)

学習に必要なものはこまごまと色々ありました。小学校で使っていたものを引き続き使用しても大丈夫だと思いますが、我が家では古くなっていたので買い換えました。

以下の物を全部揃えて、総額5000円くらいだったかと思います。
・ペンケース
・シャーペン2本
・シャーペンの替え芯
・色ペン数本(※ノートを見やすくする工夫のために必要です。)
・修正テープ
・定規
・消しゴム
・三角定規セット
・コンパス
・下敷き
・はさみ
・のり
のりやはさみなどはもう使わないのかな?と思っていたのですが、入学してすぐから持ってくるよう言われました。色鉛筆を使う日もあって、「捨てなくて良かった!」と思いました。お道具箱は無いので、筆記用具以外の物も入るような大き目のペンポーチを購入するか、ハサミ・のりなど用のポーチを用意しておくと失くす心配も無くて良いですね。
息子の学校では主に大学ノートを使用しますが、教科によっては配布されたり指定されたりしました。ママ友の学校では、まとめて購入する日があったと聞いています。学校によって異なるので、ノートは入学後に購入するのが良いかもしれませんね。使うノートが分かるまでは、ルーズリーフを持たせていました。
23 件

このまとめのキュレーター

へびいちご へびいちご

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧