2019年8月28日 更新

妊娠中の旅行の注意ポイント【スケジュール・移動編】

妊娠中に旅行を楽しむなら事前の準備とスケジュール管理は必須です。妊娠中の旅行の注意ポイント【スケジュール・移動編】についてまとめました。

gettyimages (160208)

出産をするとしばらく旅行に行けなくなるので、妊娠中期の体調が安定している時期にパパとふたりで「マタニティ旅行」を楽しむママが増えています。

安定期とはいえ、妊婦であることには変わりはないので無理は禁物。旅行を楽しむなら事前の準備とスケジュール管理は必須です。

そこで、妊娠中の旅行の注意ポイントについてまとめました。今回は【スケジュール・移動編】です。

スケジュール

gettyimages (160211)

妊娠中は、無理なスケジュールを組まないことが大前提です。2時間に1回は休憩をとるようにして、さらにおなかが張るなどの症状があったときにはこまめに休憩しましょう。

新幹線や飛行機で移動する場合は、早めに休憩をとり、トイレに立ちやすい通路側の席を確保しましょう。また、旅行先ではもしものときに備えて近くの病産院を調べて連絡先を控えておくとよいでしょう。

移動

車で移動

gettyimages (160215)

ハンドルとおなかの距離が短いので、おなかを圧迫するリスクがあるうえに、急に体調を崩したときに危険なので、自分で運転するのはできるだけ避けましょう。

助手席に乗る場合も、シートベルトはおなかを避けて装着しましょう。また、同じ姿勢がずっと続くと血行が悪くなり、むくみを感じることも。渋滞が予想されるときは、サービスエリアなどの休憩ポイントを調べておきましょう。

新幹線で移動

gettyimages (160218)

早めに指定席の予約をとりましょう。予約をとるときは、妊婦であることを伝えて、禁煙席で移動しやすい通路側の席をお願いするのがおすすめです。新幹線によってはベッドがある多目的ルームが設置されている場合もあるので、体調が悪くなったときに備えて確認しておくとよいでしょう。

飛行機で移動

gettyimages (160221)

航空会社には妊婦向けのサービスがあるので、まずはサポートデスクで妊婦であることを伝えましょう。出産予定日の28日前からは、医師の診断書と本人の同意書が必要になります。また、妊娠8か月以降はできるだけ利用を控えた方がよいでしょう。
20 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧