2022年4月29日 更新

新型コロナワクチン接種体験レポ(8歳・ファイザー1回目編)

8歳の娘が新型コロナワクチンを接種した時と副反応の様子などを記しました。5~11歳のコロナワクチン接種を迷っている方・これからお子さんの接種が控えている方の参考になると思うので、読んでみて下さい。

5~11歳の新型コロナワクチン接種が始まりました

gettyimages (306811)

5~11歳向けの新型コロナワクチン接種が、早いところでは2022年2月末からスタートしました。新しく作られたワクチンで、人によっては接種後に後遺症が出たという話も聞くため、子どもの接種は慎重になる方が多いと思います。
基本的に筆者は、接種する・しないは家庭によって判断すれば良いと思っています。しかし、「周りはどうなのかな?」「接種しないと差別されたりしないかな?」や、「副反応が心配」などという不安もあると思うので、娘の接種体験談を綴ります。判断材料の1つとして、参考にして頂ければ幸いです。

娘(8歳)の接種を決めた理由

gettyimages (306814)

筆者の娘は現在小学3年生です。不安が強い傾向にあり、コロナウィルスに感染することをとても恐れています。そのため、長いコロナ禍で療育をお休みしたり、登校を控えたりすることがたくさんありました。

さらに除菌やうがい手洗いなどを気を付けていても、その不安はぬぐえず、不眠や吐き気の症状が出ることもあったので、ワクチンを接種することで少しでもその不安をなくしたいと思い、接種を決めました。

もちろん、筆者は「ワクチン後遺症が出たらどうしよう」と恐れてもいましたが、接種せず感染してしまってコロナ後遺症になるケースもあるので、どちらにしてもリスクはあるのだと気持ちを整理して接種しました。

接種当日の様子と副反応

gettyimages (306889)

娘は注射は苦手ですが、「早くワクチン接種したい」と以前から言っていて当日を待ち望んでいたので、すんなりと接種することができました。注射したときには「イタッ」と言って、しばらく痛がっていましたが、ひどい痛みではなかったようです。
15分様子を見る間も変わった様子はなく、スーパーに寄って帰宅。夜は接種のせいかどうかは不明ですが、異様なハイテンションになって騒いでいました。しかし、注射を打った周りがちょっと痛いくらいで、腕全体が重だるくなるようなこともなく、普通に過ごし、そのまま就寝。
翌日、娘は元気に起きて登校し、帰宅後も普通に過ごしていました。筆者は「いつ副反応がくるのか?熱が出るのか?」とソワソワしていましたが、結局翌日も翌々日も何事もありませんでした。

接種の有無で差別をしないように配られるプリント

gettyimages (306897)

ワクチン接種後は、病院の先生から「ワクチン接種はみんながやらなきゃいけないものではないから、接種していない人を差別したり悪く言ったりしないでね」という内容のプリントが渡されました。筆者もそのプリントを娘に見せて説明しましたが、娘の返事は「そんなのわかってるよ」です。学校でも、コロナの差別についていろいろ話をされているのかもしれないなと感じました。

ですから、「周りが接種しているのに、うちだけ接種しないと差別されるかも…」という心配は、あまりしなくても良いのでないかと思います。アラフォー筆者の子ども時代と違って、今の子ども達は多様性を受け入れて生きているので、いちいち「自分と違う人」を攻撃したりしないようです。
21 件

このまとめのキュレーター

へびいちご へびいちご

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧