2019年8月29日 更新

ワーキングマザーを目指すなら知っておきたい「産休・育休中の過ごし方」

ワーキングマザーを目指すなら、妊娠中から考えなければならないこと、知っておくべきことがたくさんあります。今回は【産休・育休中の過ごし方】についてご紹介します。

gettyimages (146655)

臨月が近くなると、おなかも大きくなり、通勤や会社での業務がかなりハードになってきます。産休に入ったら、まずはゆっくりとからだを休めたいものです。そこで今回は、働く妊婦さんが知りたい【産休・育休中の過ごし方】についてまとめました。

産休中は規則正しい生活を

thinkstock (146660)

休みに入ると生活ペースが乱れ、運動不足にもなりがちです。また、食事時間がずれたり、間食が増えたりと食生活も乱れがち。臨月になって急に体重が増えてしまった…という話もママたちからよく聞きます。妊婦体操やカロリーコントロールをしながら、規則正しい生活を心がけましょう。

出産準備は計画的に

thinkstock (146666)

出産後は買い物に行くのも大変です。出産準備は7~8ヵ月くらいまでにしておくのが理想です。しかし仕事をしている間は忙しくて準備ができなかったという人もいるかもしれません。産休に入ったら、出産前に必要最低限のベビーグッズをそろえておくようにしましょう。

また、復帰後の子どもの預け先選びの準備も必要です。パートナーとよく相談して、ママのからだに負担がかからないように計画的に準備を進めましょう。

準備リストで時間とコストをカット!

gettyimages (146670)

ベビーグッズを効率よくそろえるには、まず準備リストをつくることをおすすめします。妊娠・出産の情報誌やベビー用品のカタログなどから、いつ頃どんなものが必要なのか情報を集め一覧表にします。次に、レンタルするもの、代用できるもの、お祝いでいただける予定のものなどをチェック!そうすることで時間だけでなくコストのムダもはぶけます。

23 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧