2018年10月21日 更新

【赤ちゃんの薬ガイド】薬の正しい飲ませ方・使い方 ~座薬編~

赤ちゃんの薬には薬によってそれぞれ飲ませ方・使い方のコツがあります。今回は座薬編をご紹介します。

gettyimages (170164)

赤ちゃんに薬を使うのは、慣れるまではちょっと大変です。また薬によって使い方のコツがあるので、覚えておくといざというときに役立ちます。今回は「薬の正しい飲ませ方・使い方 ~座薬編~」を紹介します。

薬の正しい飲ませ方・使い方 ~座薬編~

(1)必要量をカットする

gettyimages (170168)

病院で「半分量」など指定された場合は、必要量をカットします。清潔な手で包装フィルムから出し、アルミホイルなどの上でカッターなどで斜めに切ります。

(2)先に丸みをつけて挿入

gettyimages (170171)

座薬の先端のとがった部分は手で少しあたため、丸みをつけてからすばやく入れましょう。ベビーオイルなどをつけてすべりをよくしても〇。

(3)しばらく肛門を押さえる

gettyimages (170173)

座薬を入れたら、指でしばらく押さえます。この時、指で肛門の中まで薬を押し込むようにすると、すぐに出てきてしまうのを防げます。

【塗り薬の保管方法】

gettyimages (170178)

座薬だと常温だとやわらかくなりやすいので、冷蔵庫で保管が基本です。薬の種類や処方された時期がいつでもわかるよう、処方されたときの袋に入れたまま、密封袋に入れて冷蔵庫へ。
20 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧