2019年8月26日 更新

赤ちゃんにも良いことがいっぱい!生活リズムを整える「早寝早起き」を習慣づけるコツ

丈夫な体を育てるには規則正しい生活が大事!生活リズムを整える“早寝早起きを習慣づけるコツ”をご紹介します。

gettyimages (121022)

新生児の頃は昼夜に関係なく、寝て起きて飲んで、を繰り返します。それが3ヶ月頃になると、だんだん夜まとめて眠るようになり、徐々に大人に近い生活リズムになってきます。

「早寝早起き、病知らず」は科学的にも裏付けられた言葉。このころから意識的に早寝早起きのリズムを作っていくと、赤ちゃんにも良いことがいっぱいです。
生活リズムを整える“早寝早起きを習慣づけるコツ”をご紹介します。

1. 早く寝よう

gettyimages (121021)

早寝早起きの第一歩は「早く寝ること」です。朝が遅い子は昼間たっぷりと遊ばせ、お昼寝も早めに切り上げましょう。いきなり何時間も早く寝かせようとするのではなく、11時就寝なら10時半就寝→10時就寝というように、30分ずつ早めていくのがポイントです。
・寝る前の儀式を作る
「これが終わったらねんねだよ」とわからせるために、絵本を読む、目覚まし時計をセットするなど、寝る前の儀式を作りましょう。

・寝る前はテレビをオフ
テレビから賑やかな音がしている中で眠るのは難しいものです。就寝の30分前にはテレビを消して、寝る雰囲気を作りましょう。

2. 早く起きよう

gettyimages (121026)

早寝ができた次の日は、早く起こしましょう!早く寝たら、30分早く起こします。多少グズっても睡眠時間が足りないということはありません。寝起きが悪い子もいるかもしれませんが、ひるまずに目覚めさせましょう。
・寝る時間を早めよう
朝起きる時間を決めたら、早めに寝かせます。夜9時に寝て、朝7時に起きるのがつらそうなら、寝る時間を30分早めてみましょう。

・起床時間にはカーテンをあける
朝日を浴びることは、生体時計という体の中にある時計を正常に働かせます。「○○〇、おはよう!」と声をかけながらカーテンをあけてみましょう。

3. 一日の流れをチェック

gettyimages (121052)

子供の早寝早起きには、大人の生活時間の見直しも有効です。大人の一日の生活を書き出してみて下さい。例えば、子供が寝る時間にテレビを見ていたり、洗濯も掃除も!で朝起こす時間がずれ込んでいたりと問題点が見えてくることもありますよ。
・家事はまとめて効率よく
家事はまとめてやったほうが効率が良いことが多いです。午前中、外遊びに出る前に洗濯と掃除を済ませ、買い物は午後の散歩の時に…といったように、それぞれの生活に合わせて、家事はまとめて効率よくやるようにしましょう。

・少しずつできる日を増やす
早寝早起きの習慣づけは、3週間くらいかけて定着させるつもりでチャレンジしましょう。少しずつできる日を増やして、子供にも達成感を持たせるのもおすすめです。
20 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧