2020年10月20日 更新

我が子を見守るベビーカメラが進化中!便利すぎる注目機能をママ目線でチェック♪

ここ数年で一気に普及した「ベビーカメラ」。赤ちゃんの見守りはもちろん、別部屋で遊ぶ幼児の見守りにも重宝します。そんなベビーカメラの進化している注目機能&最新情報をママ目線でお届けします。

gettyimages (243306)

赤ちゃんの様子を音や映像を通して教えてくれる「ベビーモニター」。そんなベビーモニターが、今進化を遂げているのをご存知でしょうか?

最新製品では既存の見守り機能はもちろん、筆者が驚いたのは「録画機能」と「タイムラプス機能」がついていること!

タイムラプス機能とは、撮影した一日分の動画を時系列につなぎ合わせて、 録画映像を約10倍速で見ることがきる機能です。見守るだけでなく、子どもの成長を追える動画記録として楽しめちゃうというもの!

我が子の録画映像を見ながら、「カワイイ~!こんな動きしてたんだ」なんて、親バカ発言がばんばん出てきちゃいそう。こんな楽しみも加わったのは、動画が高画質になったからこそでもあります。

そこで今回は、そんな今進化しているベビーカメラの注目機能について、ママ目線でご紹介します!

ベビーカメラって?

gettyimages (243307)

まずは「ベビーカメラって何?」という人に向けてご説明。

こんなお悩みありませんか?

「子どもが寝ている間に料理をしたいけれど、別室で寝ているから心配」
「寝かしつけた後、気になって何度も 寝室を見に行ってしまう」
「家で別室で仕事しながら、リビングで遊ぶ子どもの様子が気になる」

全部あるあるですよね!そんなときにベビーカメラはお役立ち。

ベビーカメラとは、子どもの様子をモニター機で見守りできるビデオカメラのこと。ベビーカメラを使うことで、子どもの様子を遠隔から見守ることができます。

いつも子どもの様子が分かる安心感が得られますし、赤ちゃんが寝ている部屋を閉め切れるようになったので、 洗い物をガシャガシャと、生活音を出してもOKなのはありがたい!ママの中には、「カメラが自分の分身になった感覚」なんて言う声も。

ママ・パパの子育てが楽になるツール、それがベビーカメラです。ベビーモニターとも呼ばれます。

進化するベビーカメラのすごい機能

そんなベビーカメラ。これまではただ“見守る”だけだったのですが、今では親の声が反映され、どんどん改良されてきているんです。

そんな進化したベビーカメラの機能のうち、注目のものをご紹介します。

■200万画素の「フルHD」画質/録画・タイムラプス機能

 (243766)

パナソニックから2020年11月12日に発売される予定のベビーカメラ「KX-HBC200-W」は、200万画素(フルHD)画質という鮮明な映像でスマートフォンから見守りできます。

ベビーカメラはHD(ハイビジョン)の約90万画素の「1,280×720」は最低限必要であるといわれますが、最近ではフルHD(フルハイビジョン)の約200万画素の「1,920×1,080」がスタンダードになっていくのかもしれません。

屋内の見守りカメラでは、500万画素などのものもあるので、ベビーカメラでもそれくらいのものも出てきそうですね。

さらに冒頭でお伝えしたように、撮影した一日分の動画を時系列につなぎ合わせ、 録画映像を約10倍速で見ることができる「タイムラプス機能」も搭載されています。パパがおうちに帰ってきたら、一緒にその日一日の赤ちゃんの行動を短時間で見て楽しむのも良さそう。もちろん、成長記録としても使えます。

■赤ちゃんの様子や室温の変化をお知らせしてくれる

 (243317)

特に赤ちゃんだと、ちょっとした動きや環境の変化などが、常に気になりますよね。でも、ずーっと見守っているのは大変…。そこでベビーカメラの機能で、赤ちゃんが動いたら追跡してくれるものや、室温の変化をお知らせしてくれるものは助かります。

例えば、トリビュートのワイヤレスベビーカメラ「BM-NS01AAMS」には赤ちゃんの動きを自動追尾するオートトラッキング機能や、泣きだしたときに自動でモニターがONになる機能、室温が設定範囲を超えるとアラームが鳴る温度アラームなどの機能があります。

■通話機能でスマホから声かけできる

 (243767)

23 件

このまとめのキュレーター

あずさママ あずさママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧