2019年8月28日 更新

リスクもあるけどプラス面も!高齢出産で気をつけたいこととは

女性の社会進出が一般的な現在、妊娠する年齢が上がっています。高齢出産にはリスクがありますがプラス面もあります。高齢出産で気をつけたいこと&プラス面をご紹介します。

thinkstock (156532)

女性の社会進出が一般的な現在、妊娠する年齢が上がっています。高齢出産にはリスクがありますがプラス面もあります。今回は高齢出産で気をつけたいこと、また高齢出産のプラス面などをご紹介します。

35歳以上の初産はリスクが高くなる

thinkstock (156535)

一般的に「高齢出産」とは、35歳以上ではじめて出産する人のことをいいます。医療の進歩により、高齢出産でも安全に出産することができるようになりましたが、20代の出産に比べるとトラブルの確率が高くなっています。

例えば、生活習慣病の兆候や内臓機能の低下によって妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の発症率が上がる、生殖機能の衰えによる流産の確率が上がるほか、子宮口や産道も年齢とともにかたくなるため出産が長引く傾向もあるといわれています。

しかし、必ずしもこのようなケースに見舞われるわけではありません。多くの人がトラブルなく、無事に赤ちゃんを産んでいることにも目を向け、ポジティブに捉えましょう。

塩分・糖分・脂肪分のとりすぎに注意

thinkstock (156539)

高齢のママが妊娠生活で注意したい症状がふたつ。ひとつは、妊娠高血圧症候群です。年齢による肥満や高血圧などが原因になる可能性も。体重コントロール、バランスのよい食事、十分な休息を心がければ、リスクを低くすることができます。

もうひとつは妊娠糖尿病です。糖尿病は遺伝的な要素に加え、年齢が高くなるにつれ発症しやすくなります。糖分と脂肪分を控えた食事を心がけましょう。

こんなにある!高齢出産のプラス面

thinkstock (156541)

・経済的余裕がある
・精神的余裕がある
・いろいろな出産経験者の話が聞ける
・妊娠、出産に対しての勉強意欲がある
・からだを上手にケアできる
・子育てパワーで若返る

など

まとめ

thinkstock (156545)

今回は高齢出産で気をつけたいこと、また高齢出産のプラス面などをご紹介しました。高齢の場合、産後のからだの回復も時間がかかるといわれています。産後はとにかく疲れやすく、若いママでもお世話と家事の両立は大変。家事は完璧を求めず「まぁ、いいか」の気持ちをもつことが大切です。
16 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧