2020年2月12日 更新

全国の既婚女性6,794名に聞いた「バレンタインに関する意識調査」

令和初のバレンタイン、トレンドは感謝を伝える「サンクスチョコ」! 義理チョコ文化にうんざり?「ない方がいい」が6割超!

国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、「Shufoo!」を利用する全国の既婚女性のうち6,794名に「バレンタインに関する意識調査」を行いました。毎年様々なトレンドが生まれ、商品のおいしさも見た目もどんどん進化している日本のバレンタイン。本調査を通じて、令和初のバレンタインのトレンドが見えてきました。
gettyimages (216365)

バレンタインギフトを贈る相手は「配偶者」「子供」に次いで「自分」

今年のバレンタインデーに誰にギフトを贈るかという質問では、「配偶者」が70%とダントツ。さらに「子供」が37.4%と続いていることから、家族間でバレンタインを楽しむ方が多いことがわかります。次いで「自分」が20.6%と、「親」、「仕事・取引先関係」よりも高く、せっかくのバレンタインは自分も楽しみたいという意向が伝わります。
 (216367)

トレンドは「サンクスチョコ」

バレンタインギフトを贈る目的は、約7割が「日頃の感謝を伝えたい」と回答しました。バレンタインといえば好きな異性に「本命チョコ」を渡し愛を伝えるイベント、というイメージが強くありますが、主婦にとっては「愛情」よりも日頃の感謝を込めた「サンクスチョコ」がトレンドのようです。
 (216371)

義理チョコ「ない方がいい」が6割超!

 (216374)

2年前、有名チョコレートメーカーの「日本は、義理チョコをやめよう。」というキャッチコピーが話題になりました。義理チョコを渡す文化について意見を聞くと、「義理チョコはない方がいい」という意見が63.4%を占め、多くの方が義理チョコ文化に対して後ろ向きな姿勢であることが読み取れます。

「その他」を選んだ方の中には、「義理チョコという言葉は無くてもいいとおもう。一年間の感謝の気持ちを表す手段としてはチョコなど渡す習慣はあってもよいのでは。(40代)」、「普段、感謝する機会がないのでこの様な形で表せるのは良いと思います。義理ではなく。(50代)」など、義理ではなくサンクスチョコという位置づけであれば賛成、という意見も見られました。

チョコレートは絶対的王者、飲食料品以外では「服」「パンツ」「靴下」など衣料品が人気!

贈るギフトは「チョコレートまたはチョコレート系のお菓子」が92.4%と圧倒的で、絶対的な存在感を感じられる結果になりました。
 (216377)

一方、「食料品・飲料以外のもの」を選んだ方の中では、1番人気が「服」(20票)で、2番目が「パンツ」(13票)、3位が「酒類」(7票)でした。昨年の集計でも、上位3つを「酒類」、「服」、「パンツ」の順で占めていましたが、今年は「酒類」の順位が下がると同時に、「服」「パンツ」に加えて「靴下」「日用品」を選ぶという意見もあり、嗜好品よりも身に着けるものへの人気が高まったことがうかがえます。
34 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧