2019年8月1日 更新

触って、なぞって、気持ちいい!赤ちゃんの脳を刺激する絵本「ゆびでさわって どこかな?えほん」シリーズ発売

「みぞ」や「凹み」「穴」が満載の、触って、なぞって、気持ちいい、赤ちゃん向けしかけ絵本「ゆびでさわって どこかな?えほん」シリーズの刊行がスタート!

株式会社岩崎書店は、「みぞ」や「凹み」「穴」が満載の、触って、なぞって、気持ちいい、赤ちゃん向けしかけ絵本「ゆびでさわって どこかな?えほん」シリーズの刊行をスタート。第1回配本となる『ぞうさん』『うさぎさん』を発売しました。
 (198428)

みぞをなぞって、穴からのぞいて動物たちを探してみよう!

そこにいるのは……ぞうさんかな?ページをめくって、見てみよう!

葉っぱの向こうからこっちをのぞく、くりくりおめめ。
そこにいるのは ぞうさん?

ページをめくると……
あらあらちがった ごりらさん おやこ

ジャングルでぞうさんを探しながら、いろんな動物と出会っていきます。
 (198431)

赤ちゃんの指先を刺激するしかけがいっぱい!

鳥やちょうちょの飛ぶみちすじが「みぞ」になっていたり、動物の模様やお花の形が「凹み」になっていたり、指を入れられる「穴」もあったり、触って、なぞって、楽しめるしかけがたくさん。 触れたときの感覚が、赤ちゃんの脳への適度な刺激になるように作られています。

赤ちゃんの脳は、日々五感からの様々な刺激を受けて成長します。特に、指先からの刺激は、赤ちゃんの脳の発育を促すと言われています。指先をたくさん刺激することで神経が発達し、脳が活発に働くのだそうです。

本シリーズは、イギリスで人気の赤ちゃん絵本シリーズ。赤ちゃんの小さな指先への刺激が詰まった、ファーストブックにぴったりの絵本です!
赤ちゃんが安心して遊べる!丈夫なボードブック絵本

本シリーズは、丈夫な厚紙で作られたボードブックタイプの絵本です。ですから、みぞや穴を繰り返し触っても、破れにくい丈夫な造りになっています。手加減ができない赤ちゃんでも、安心。思いきり遊べますね。さらに、サイズも16×15㎝と赤ちゃんの手になじむ大きさ。コンパクトだから、お出かけのおともにもぴったりです。
視覚的な面白さも!語りかけやコミュニケーションにもぴったり

穴からのぞく絵で次の場面を想像したり、ページをめくって現れる絵の意外性を楽しんだり。脳への刺激となる視覚的な面白さも詰まったこのシリーズ。『ぞうさん』ではジャングルの動物たち、『うさぎさん』では野原や畑の生き物たちが登場します。

どこにどんな生き物がいるかな?何をしているかな?絵本を見ながら語りかけたりおしゃべりしたり。親子のコミュニケーションを育むのにもぴったりです。

おしゃれなかわいいイラストで、ギフトにもおすすめの絵本。このシリーズで、ぜひ親子の楽しい時間を過ごして下さいね。
 (198436)

書籍情報

ゆびでさわって どこかな? えほん (1) ぞうさん | サム・タプリン, エミリー・ダブ

972
定価:各本体900円+税
仕様:A5変型判(16×15㎝)/12頁/ボードブック
対象年齢:0~2歳
発売日:2019年7月13日

ゆびでさわって どこかな? えほん (2) うさぎさん| サム・タプリン, エミリー・ダブ

972
定価:各本体900円+税
仕様:A5変型判(16×15㎝)/12頁/ボードブック
対象年齢:0~2歳
発売日:2019年7月13日
13 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧