2019年8月30日 更新

花粉シーズン到来!今すぐはじめよう花粉症対策

食事や生活習慣を見直して免疫力を高め、花粉に負けない体をつくりましょう。花粉を家や体に入れないよう気をつけることも大切です。

花粉症の発症には体質も関係しますが、日々の生活や食事が大きく影響しているといわれています。
食事や生活習慣を見直して免疫力を高め、花粉に負けない体をつくりましょう。花粉を家や体に入れないよう気をつけることも大切です。

本格的な花粉シーズンは目の前に!今すぐ花粉症対策をはじめませんか?

食事

thinkstock (137405)

バランスよく規則正しい食事を基本にして、免疫機能に関わる腸内環境を整える食材を取り入れましょう。

ヨーグルト、ぬか漬け、甘酒、納豆などの発酵食品、さつまいも、ごぼう、きのこ類、豆類などの食物繊維、わかめ、もずく、めかぶ、ひじきなどのフコダインは、腸内環境を整えてくれます。

生活習慣

thinkstock (137406)

湯船につかり体を温めると血行がよくなり、リラックス効果も。疲れもとれるので眠りにつきやすくなります。湯船の中でストレッチしたり、ツボ押しもおすすめです。

また、アロマオイルの香りの刺激は臭覚から脳へ直接働きかけるので、花粉症の不快な気分を和らげてくれます。アロマポットで香りを焚いたり、マスクやおしぼりに使うのもおすすめです。

ペパーミント、ティートリーなどは鼻づまりやくしゃみ、ラベンダー、カモミールなどは目のかゆみ、イランイラン、ベルガモットなどはイライラやストレスに効果的です。

ストレスをうまく発散し、自律神経を整えることが大切です。心身ともにリラックスさせて症状を和らげましょう。

掃除

istockphoto (137415)

床はこまめにウェットシートや濡れ雑巾でふき掃除をしましょう。玄関は花粉が多いので念入りに。掃除機が花粉を舞い上げるので、この時期は控えめにしましょう。
静電気で花粉が吸着しやすいテレビやパソコンの画面は専用のクリーニングクロスなどで拭き取りを。エアコンや空気清浄機のフィルターはこまめに掃除をしましょう。
また、衣服を上げ下ろしするトイレは花粉が落ちやすい場所なので、ウェットシートでこまめに床掃除をするのがおすすめです。

洗濯

gettyimages (137413)

洗濯物はできるだけ室内に干すか、乾燥機を利用するのがおすすめです。外に干す場合は飛散量が多い12〜18時は避け、花粉をはらってから取り込みましょう。花粉が付きにくい柔軟剤を使用するのも◎。
23 件

このまとめのキュレーター

みっちー みっちー

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧