2017年11月21日 更新

【働くママ必見!】時間外・休日・深夜労働の免除申請と配置転換申請

ハードワークがつらい、体調が不安なときは、時間外・休日・深夜労働の免除申請を。また、立ちっぱなしの仕事など体への負担が大きいと感じたら、デスクワークなどへの配置転換を申請してみましょう。

経済的な理由やキャリア形成のために、子どもができても働き続けたいという女性は増えています。
しかし、実際に仕事と子育ての両立ができるかどうか、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

ここ数年、育児・介護休業法の改正など法律や制度が見直され、妊娠・出産後も働きやすい環境が整いつつあります。
働きながらママになる女性を支える法律と制度を知っておきましょう。

時間外・休日・深夜労働の免除申請

thinkstock (129295)

残業や休日出勤などにより十分に休息が取れないと、体調不良の原因にもなります。
妊娠中の時間外・休日・深夜労働は法律では禁止されていませんが、妊娠中の女性が免除を申請した場合には、会社が時間外・休日・深夜労働を命じることができなくなります(労働基準法第66条)。

職場が変形労働時間制をとっている場合でも、1日及び1週間の法定労働時間(1日につき8時間、1週間につき40時間)を超えて労働しないことを請求できます

時間外・休日・深夜労働のすべてを制限するように申し出ることもできますし、一部のみ制限することもできます。

※一定期間(1ヶ月もしくは1年)の労働時間が平均して1週間あたりの法定労働時間を超えないことを条件として、労働時間を配分する制度。

請求の手続き方法

時間外・休日・深夜労働の制限の請求は、通勤緩和などのように医師からの指導は必要ありません。
妊娠中の女性が自分で体調を判断して、時間外・休日・深夜労働などを避けたい場合に請求できます。
請求方法は口頭で請求すれば足りるとされていますが、会社に定められた手続きがある場合は、それにしたがって手続きをしましょう。

妊娠中は軽易な仕事への転換を請求できる

thinkstock (129298)

妊娠している女性にとって、重い荷物を取り扱った、1日じゅう立ちっぱなしの仕事はつらいもの。無理をすると流産などの不安もあります。

そんな場合、もし職場にデスクワークなど体への負担が少ない仕事があれば、配置転換を申請してみましょう。
妊娠中の女性から軽易な仕事に転換してほしいという請求があった場合、事業主はそれに応じることが義務づけられています(労働基準法第65条第3項)。
また、業務内容の転換だけでなく、労働時間帯の変更も含まれます。

請求の手続き方法

特に医師の指示などは必要なく、妊娠中の女性が希望すれば請求できます。
もちろん医師からの指示があれば、母性健康管理指導事項連絡カードを活用して会社に伝えるとスムーズです。

職場に軽易作業がない場合は対象外

しかし、もともと肉体労働中心の職場で、現在行っている作業より軽易な仕事がないという場合は、新たに軽易な業務を設けてまで転換させる義務はないとされています。
なお、業務内容によって賃金の体系が違う職場で業務の転換が行われた場合、賃金は以前の業務のときと同じでなく、転換後の業務に応じて支払われてよいことになっています。
25 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ こんな記事も人気です♪

働きながらママになる女性を支える産前・産後休業の基礎知識まとめ

働きながらママになる女性を支える産前・産後休業の基礎知識まとめ

産後休業は強制ですが、産前休業は任意なので、産前休業を取得したい場合は請求が必要になるので注意しましょう!
元気ママ公式 | 35 view
【働くママ必見!】申請すると受けられる妊娠中の通勤緩和とつわり休暇

【働くママ必見!】申請すると受けられる妊娠中の通勤緩和とつわり休暇

妊娠中と出産後の体調管理について、会社側に配慮を求めることができるので、無理せず事業主に相談してみましょう。
元気ママ公式 | 88 view
【妊娠月齢別】妊娠中にママが意識したいこと ~妊娠4ヶ月編~

【妊娠月齢別】妊娠中にママが意識したいこと ~妊娠4ヶ月編~

妊娠中はさまざまな体の変化に戸惑うことが多くなります。妊娠中を上手に過ごせるよう妊娠月齢ごとにママが意識したいことをご紹介します。
元気ママ公式 | 58 view
【働くママ必見!】勤務時間内でも受けられる定期的な健康診査「妊婦健診」

【働くママ必見!】勤務時間内でも受けられる定期的な健康診査「妊婦健診」

勤務時間中に健診を受けに行く時間を確保することは事業主に義務づけられているものなので、会社へ報告を済ませて、定期的に妊婦健診へ行きましょう。
元気ママ公式 | 40 view
【働くママ必見!】母性健康管理指導事項連絡カードを活用しよう

【働くママ必見!】母性健康管理指導事項連絡カードを活用しよう

妊娠中の症状とそれに対する医師の指導を会社にきちんと伝えましょう。会社への提出は必須ではありませんが、あると各申請がスムーズに進むこともあります。
元気ママ公式 | 34 view

カテゴリー一覧