2019年8月28日 更新

ワーキングマザーを目指すなら知っておきたい「妊娠中の通勤ファッション」

ワーキングマザーを目指すなら、妊娠中から考えなければならないこと、知っておくべきことがたくさんあります。今回は【妊娠中の通勤ファッション】についてご紹介します。

gettyimages (145132)

妊娠中は体調や体型の変化もあり、仕事着や通勤用の服、靴選びにも悩んでしまいますよね。そこで今回は、働く妊婦さんが知りたい【妊娠中の通勤ファッション】についてまとめました。

まずは靴に注意!

thinkstock (145137)

妊娠したとわかっても、おなかが大きくなってくるのは少し先のこと。しばらくは今までの服で十分です。ただ、靴にはすぐに気を使いたいもの。まだ安定しない妊娠初期に転んでしまったりしたら大変です。

いつも高いヒールを履いていたのなら、しばらくの間は低いヒールの靴に変えましょう。かかとのない靴はかえって疲れるので、3㎝くらいのローヒールがいいようです。足のむくみも出やすいため、幅がやや広めのものを選びましょう。

また、サンダルはひっかかりやすいので要注意!通勤時はもちろん避けて、オフィスでもかかとが固定されるものを履くようにしましょう。

職場の雰囲気を壊さない服装を

thinkstock (145141)

最近では、マタニティウェアのデザインもオフィス向きのスーツや、シンプルなスカート、ワンピースなどさまざまあります。職場の雰囲気から浮いてしまうようなマタニティドレスは避け、職場ではシャキっとした装いを崩さないようにしましょう。

また、おなかの大きい時期は限られているので、ウエストがゴムのものなど、手持ちの服を調節して、活用できるものは活用するようにしましょう。

職場に制服がある場合には、マタニティ用の制服がなければ、上司に相談し私服で働く許可をもらいましょう。

下着はマタニティ用のものを

gettyimages (145162)

妊娠中のおなかや腰の冷えは厳禁。そのためにも、ショーツは早い時期からおなかがすっぽり隠れるマタニティ用のものをはきたいところです。バストもおなかと同様に大きくなっていきます。乳腺の発達を妨げないためにも、ブラジャーのカップやアンダーサイズの変化に注意していきましょう。

マタニティ用のブラジャーには、妊娠中から授乳期まで使えるタイプもあります。つわりの時期にきつい下着をつけていると、よけいに気持ちが悪くなることもあるので、ソフトタイプのものを用意するといいでしょう。

24 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧