2017年9月21日 更新

秋の不調のキーワード“寒暖差アレルギー”って何?特徴と対処法

季節の変わり目はさまざまな不調が起こりやすいですが、あまり聞きなれない“寒暖差アレルギー”という不調が注目されているようです!

thinkstock (120874)

「鼻が何だかムズムズするな…」「風邪ではないはずなんだけれど…」夏が終わるとともに、鼻の不調に悩まされることはありませんか?それは、寒暖差アレルギーかもしれません。鼻の症状は花粉症や風邪であることもありますが、花粉症等との違いも調べてみました。

聞きなれない言葉“寒暖差アレルギー”って何?

gettyimages (120903)

夏~秋、冬~春等、「昨日は○℃だったのに、今日は±10℃」等、急な気温の変化も珍しくないこの時期には、アレルギーのような症状が出ることがあります。そんな、激しい気温差で自律神経が乱れ、アレルギー(免疫反応)のような症状が出る場合があります。この際のアレルギーのような症状を、寒暖差アレルギーと呼びます。

夏~秋のこの時期(9~10月)は、鼻の不快症状が目立ちます。具体的な症状としては、

鼻の粘膜の腫れ、鼻水や鼻詰まり等の症状、咳

などに悩まされる方が多いようです。

寒暖差アレルギーは風邪や花粉症とは違うの?

thinkstock (120904)

しかし、多くの方は、鼻や喉に違和感が出始めると、「そろそろ花粉症の季節かな」「風邪をひいたかな」等、耳鼻科的なアレルギー症状や風邪症状を疑うかと思います。気になる場合は受診をして専門家に聞くのが一番ですが、花粉症や風邪症状と寒暖差アレルギーには、一般的には以下のような違いがあります

寒暖差アレルギーの特徴(花粉症・風邪症状と寒暖差アレルギーの違い)

・目の充血を伴わない

・風邪の諸症状を伴わない

・寒暖差に気をつけた生活を心がけると症状が和らぐ

・病院でアレルギー検査をしても、検査項目に引っかからない

といったところです。「何か最近鼻の調子が悪いな?」と思ったら、目や体温等鼻以外の部分にも注目してみてくださいね。
36 件

このまとめのキュレーター

piyoco piyoco

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧