2021年11月26日 更新

寒い冬には「足湯」がおすすめ!正しいやり方や注意点まとめ

冬になると足が冷えて辛くなることはありませんか?辛い冷えをどうにかしたい時は、家で簡単に行える「足湯」がおすすめです。足湯の効果ややり方、注意点などをご紹介します。

足湯とは?

gettyimages (288278)

足湯はお湯をはったバケツや桶に足を入れるだけの、簡単な入浴法です。お風呂を沸かす必要もなく、狭いスペースで簡単に行うことができます。昔から手軽な健康法として知られており、紀元前前から利用されていたのではないかといわれています。足の冷えを解消するだけでなく、体に良いさまざまな効果が期待できます。

足湯の効果

gettyimages (288467)

足湯をすることでどのような効果があるのか、具体的に見ていきましょう。足湯をすることで得られる効果には、主に次のようなものがあります。

・冷え性の緩和
・デトックス効果
・リラックス効果
・免疫機能アップ
・むくみの改善
・不眠の解消
・生理痛の緩和
足湯をすると血行が良くなるので、足だけでなく体全体が温まってきます。体が温まると免疫機能が高まり自律神経も整うため、体の不調が改善されやすくなります。また、血流が良くなることで老廃物が流れやすくなり、デトックス効果やむくみの改善にも役立つのです。

足湯のために準備するもの

gettyimages (288466)

バケツや桶

足湯をするために必須となるのが、少し深さのあるバケツや桶です。くるぶしより少し上までお湯に浸かっていないと効果が出にくいため、それだけの量のお湯が入る容器を用意しましょう。

小さすぎると足を入れた時に窮屈に感じてリラックスできないので、足を入れてもある程度余裕のある大きなものを使うのがおすすめです。

お湯と差し湯

足湯に使うお湯は、38℃〜42℃程度のものを用意するようにしましょう。時間とともにお湯が冷めてきたら、ケトルや保温容器に入れた差し湯で温度を調整します。差し湯の温度が低いとなかなか温度が上がらないので、差し湯には少し熱めのお湯を用意しておくと便利です。

敷物

部屋の中で足湯を行う場合は、床が濡れないように敷物を敷いておきましょう。ただのタオルだとすぐびしょびしょになってしまうので、バスマットなど裏側まで濡れないようなものを敷くのがおすすめです。
30 件

このまとめのキュレーター

うしゃ うしゃ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧