2018年8月11日 更新

胃腸元気で夏バテSTOP!胃腸を元気にする食べ方・飲み方を意識しよう

胃腸の冷えは夏バテの大きな原因といわれています。夏バテ解消にも役立つ「胃腸を元気にする食べ方・飲み方」をご紹介します。

gettyimages (165388)

暑いからといって冷たいものばかりとっていませんか?実は、胃腸の冷えは夏バテの大きな原因といわれています。そこで今回は「夏バテSTOP!胃腸を元気にする食べ方・飲み方」をご紹介します。

冷たい料理には温かいものをプラス

gettyimages (165401)

夏場の食事は、サラダ・冷たい麺・冷ややっこなど冷たいものばかりになりがちです。そこで一食に一品は、スープや味噌汁、茶わん蒸しなど、温かい食べ物をプラスして、冷えた胃腸を温めましょう。

水分補給はこまめに

gettyimages (165402)

一気飲みは胃腸を冷やすだけでなく、消化液を薄めてしまうので消化不良を起こし、胃腸に負担をかけます。水分は少しずつこまめにとりましょう。

香味野菜や根菜を使おう

gettyimages (165404)

普段何気なく食べている生姜やネギなどの香味野菜、ごぼうや人参といった根菜類には、体を温める作用があります。意識的に料理に加えるようにしましょう。

飲み物は常温のものを飲もう

gettyimages (165405)

胃腸に優しい飲み物の適温は15~25度(常温程度)。冷蔵庫で冷やしたものは4~5度で適温とは10度以上も差があり、さらに氷を入れると0度近くにまで冷えてしまいます。飲み物はできるだけ常温で飲みましょう。

20 件

このまとめのキュレーター

ひまわり ひまわり

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧