2019年8月28日 更新

ほっとした産後に、女性ならではのこわ~い注意点!

産後ママに多い悩みである膀胱炎について、原因と対処法をご紹介します。

出産後、かわいい赤ちゃんとの生活は楽しい反面、毎日寝る間もなくお世話に追われていたら、いつの間にか体にいろいろなトラブルを抱えていたというママも多いものです。
今回は、産後ママに多い悩みである膀胱炎について、原因と対処法をご紹介します。

ほっとした産後の注意!

自分の事がどんどん後回しになってきてトイレを我慢し続けたら、「膀胱炎になってしまった」というママも多いのではないでしょうか。

膀胱炎チェックリスト

  • 一日に何回もトイレに行きたくなる
  • 残尿感
  • 排尿の終わりに痛みを感じることがある
  • いつも膀胱が張っている感じがする
  • 尿が濁っている
  • 尿の色が気になることがある

 

1つでも当てはまったら、それは膀胱炎かも!きちんとケアしていきましょう。

膀胱炎とは?

膀胱炎は、尿道から進入した細菌が膀胱内で繁殖し、炎症を起こすことで引き起こされます。

膀胱炎の原因は、細菌感染であり、細菌の感染は、細菌が、尿道から膀胱に侵入してくることで起こります。もともと、膀胱内の尿には少量の細菌が存在しており、また、膀胱は細菌への抵抗力があります。

しかし、疲労やストレスなどで、体力が落ち抵抗力が弱くなると、細菌に感染しやすくなり、膀胱内の細菌が増殖することで膀胱炎にもなるのです。
排尿時のズキズキとした膀胱の痛み!繰り返す膀胱炎のケア方法 (5065)

膀胱炎の原因となる細菌には、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿菌、腸球菌などが見られ、その中でも大腸菌が原因菌の80%前後を占めるといわれています。

膀胱の主な働きのひとつである排尿は、尿道や膀胱に存在する細菌を尿で洗い流す役割がありますが、尿意があるのにトイレに行くのを我慢することを繰り返すと、細菌感染が起こり、膀胱炎の原因になってしまうので注意が必要です。

なぜ産後に多いの?

女性の尿道は男性と比べると短く、細菌が繁殖しやすい膣や肛門と近い位置にあるため、もともと膀胱炎になりやすいのですが、お産の疲れや育児ストレスで抵抗力が落ちている産後は、特に膀胱炎になるリスクが高まります。また、悪露や会陰切開の跡をきちんとケアしていないと、細菌が繁殖して尿道に入り込むこともあります。

また、お産によって尿意を感じる神経に負担がかかり、一時的に尿が出にくくなり、膀胱に尿が溜まりやすくなります。長時間膀胱内に尿を溜めたままにしておくと、膀胱・尿道内の細菌を排出できず、炎症を起こしやすくなるのです。赤ちゃんのお世話などで忙しく、ついトイレを我慢しがちなことも、産後ママに膀胱炎が多い原因の一つです。

女性に多い膀胱炎、早く治すにはどうすればいいの? (5069)

予防法

◆予防法として
・尿道周辺を清潔に保つこと
・トイレを我慢しないこと
・ストレスや疲れをためないこと

が大切です。

◆悪露はナプキンなどをこまめに交換し、会陰切開や裂傷の跡はしっかり消毒しましょう。傷が治っていたら、シャワートイレも活用してくださいね。

◆こまめに排尿することで膀胱・尿道内の細菌を排出できるので、水分をたくさん摂り、どんどん排尿することも大切です。

膀胱炎ケア用品を選ぶ

膀胱炎は基本的には専門医のもと治療を受ける必要がありますが、症状が初期の段階であれば、市販薬によって症状の悪化を防ぐことも1つの手です。膀胱炎のための市販薬は、薬局やドラッグストアで扱っていますが、メーカーによってさまざまな製品があるため、どれを選ぶべきか、迷ってしまうことがあるかもしれません。

市販薬でも唯一『膀胱炎の薬』があります。
20 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧